老いを支える古屋敷―託老所あんき物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784876721351
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0036

内容説明

型破り看護婦が行き着いたのは、なんと築100年の民家を使ったデイサービス。痴呆老人も古い家なら落ち着くから不思議。

目次

1 小児科の看護婦から(学校はつまらんかった;授産施設に分け入る;特養の逸脱看護婦)
2 あんきの介護の原点(すばらしき古屋から;ケアの性根をすえられる;あんきの要になる人たち)
3 あんきに暮らす日々(一日したいことをする;利用したいかたちに合わせる)
4 家族の情景(妄想が消えた;介護させてくれてありがとう;奇跡の一日;寄り添うことの困難)
5 尊厳をもって逝かせたい(客観的には看られない;逝き方のプロデュース)

著者等紹介

中矢暁美[ナカヤアケミ]
愛媛県に生まれる。託老所あんき代表。小児科医院の看護婦を皮切りに、松山市登録ヘルパー、障害者授産施設、特別養護老人ホームを経て1997年、愛媛で最初の託老所「あんき」を開設。2003年からは、痴呆があってもなにがあっても最期まで暮らせるグループホーム「こんまいあんき」を開設
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 愛媛県松山市、築百年のあばら屋からはじまる託老所あんき。介護保険制度導入前から地域ケアを実践し、全国的にも民間デイサービスの草分け的存在として、見学や取材がたえません。
 自分が体験してみなくては気がすまない。
 老人の立場というだけでなく、もし自分だったらどう感じるか、その姿勢をいつも大切にする。特殊浴槽でもなんでも、まずは頭よりも体で体験してみること。そんな積み重ねが託老所あんきを支えてゆきます。
 ときには夜間、裸で外に出歩くおばあさんに振り回されたりするけれど、もち前の奇想天外なアイディアで見事に落ち着かせてしまいます。
 老人施設はどこまでいっても家庭にはなりえない。他人のなかでの笑いと家族のなかでの笑いはちがうことをしっかりと見つめなくては。
 そんな中で老人も私たちも腹の底から涙が出るほど笑えたら、今日一日は大成功!
 あまり勉強の好きでなかった自分、
  暁美、ようやってるな
  こんなにしているよ、見ていてちょうだい
 痴呆の母へ、亡くなったパーキンソン氏病の父へ、そんな思いを持ちながら、これからもより深く介護に関わってゆこうとするのです。

1 小児科の看護婦から
 1章 学校はつまらんかった
 2章 授産施設に分け入る
 3章 特養の逸脱看護婦
2 あんきの介護の原点
 1章 すばらしき古屋から
 2章 ケアの性根をすえられる
 3章 あんきの要になる人たち
3 あんきに暮らす日々
 1章 一日したいことをする
 2章 利用したいかたちに合わせる
4 家族の情景
 1章 妄想が消えた
 2章 介護させてくれてありがとう
 3章 奇跡の一日
 4章 寄り添うことの困難
5 尊厳をもって逝かせたい
 1章 客観的には看られない
 2章 逝きかたのプロデュース
  あとがき