英文法ポケットガイド - 基本ルールで話せる・書ける

個数:

英文法ポケットガイド - 基本ルールで話せる・書ける

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月21日 04時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 197p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784876151530
  • NDC分類 835
  • Cコード C0082

出版社内容情報

アメリカ本国でも大好評『Barron's Pocket Guide to Correct Grammar 4th Edition』の翻訳版です。
「短期間に効率よく英語の復習をしたい」という方におすすめの英文法再入門書。正しい英語を話し、書くための実用文法を簡潔に紹介しています。より正確な英語を使いこなすための語法・用法も充実。英語学習者だけではなく、日常的に英語を使う方のデスクに必備の一冊です。

《はじめに》
 日本人の多くが日本の英語教育に批判的です。英文法の知識は豊かなのに、コミュニケーション重視の授業が少ないために、習ったことが使い物にならない、というのがその批判の骨子のようです。しかし、実際に日本人の多くが本当に英文法に長けているのかといえば、答えは残念ながらYesとは言いがたいようです。海外の英語学校で勉強する、いわゆる高学歴の日本人の英語コミュニケーション能力を研究したところ、彼らの話す英語に基本的な英文法のミスが多いことに愕然とした記憶があります。単数、複数、時制の一致など、中学校レベルの文法知識が定着していないことは明らかでした。
 確かにコミュニケーションの機会が豊富にあれば、習った「知識」を使える「技能」として定着させることも容易になるのでしょうが、日本国内に留まりながら英語のコミュニケーション能力を向上させたいのであれば、まず基本的な英文法を学習・復習し、それを自分なりに使ってみることが大切です。例えば日記のように毎日何かを英語で書く、またインターネットで外国の情報を毎日読むといった簡単なことでもよいですし、頭に浮かんだことを「英語では何と言うんだろう?」とじっくり考える時間を日々持つようにすることも有益です。
 「文法<コミュニケーション」という考え方や誤解が主流になりつつありますが、「ブロークンな英語でも通じればいい」という考えは、実際に英語が必要な場やビジネスの現場では通用しません。本書に出会ったのを機会にきちんと学習しなおし、自信と知識を高めることをお勧めしたいと思います。
 本書には基本的な文法をはじめ、多くの例文や誤りやすい語彙、さらには正しい文章を書く手がかりとなる句読点などの解説も含まれていますから、短期間に効率よく英語の復習をしたいという人にとって十分役に立つ一冊です。二度、三度と読みこなすことで文法知識を向上・定着させ、自信を持って英語を使いこなすことができるようになるまで頑張ってください。
 最後になりましたが、本書の翻訳・出版にあたり、最初から最後まで根気強くサポートいただきました(株)語研編集部の奥村民夫様に、心より厚く御礼申し上げます。

 2007年5月 小島加奈子


《担当編集者より》
 「言語を人間に譬えれば骨や神経は文法であり、語彙は血であり肉である」(『外国語上達法』岩波新書)
 故千野栄一さん(言語学者)のこんな言葉に後押しされて、英語の語彙と文法の学習書の出版に取り組んできました。店頭をにぎわせている英文法関連のうんちく本とは一線を画すハンディーなガイドブックは出せないかと思案していたところで出合ったのが本書の原著『Barron's Pocket Guide to Correct Grammar』です。アメリカ人好みのリスト化された項目主義、2色を使った簡潔なレイアウト、そして例文も短くてわかりやすい。何よりも約200ページという薄さが魅力的でした。
 10品詞の使い方と文の作り方という基本を簡潔に説明したうえで、数多くの誤文、あいまいな文、意味不明の文を例に引きながら、話すため、書くための実用英文法のエッセンスを解説してくれます。「先行詞である名詞の前に代名詞を用いるな」「副詞は修飾したい語のすぐ前に置くべきだ」など、かゆいところに手の届くアドバイスも新鮮です。
 「初歩の語学の教科書なり自習書は、薄くなければならない」(『外国語上達法』)
 千野さんのこんな求めに応じたわけではありませんが、本書も200ページ弱に収めることができました。小粒ながら引き締まった本に仕上げることができたと思っています。