自治体〈危機〉叢書<br> 「大阪市廃止」悲劇への構図―経済・生活破綻と府集権主義の弊害

個数:

自治体〈危機〉叢書
「大阪市廃止」悲劇への構図―経済・生活破綻と府集権主義の弊害

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月29日 15時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 147p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784875558484
  • NDC分類 318.263
  • Cコード C3030

目次

1 大阪市廃止・特別区設置の制度的欠陥
2 大阪市財政の虚像と実像
3 特別区制度設計と行財政構造の劣化
4 特別区再編成改革誤算の連続
5 東京・大阪特別区の比較分析
6 大阪市廃止・分割マイナス効果の総括

著者等紹介

高寄昇三[タカヨセショウゾウ]
1934年神戸市に生まれる。1959年京都大学法学部卒業。1960年神戸市役所入庁。1975年『地方自治の財政学』にて「藤田賞」受賞。1979年『地方自治の経営』にて「経営科学文献賞」受賞。1985年神戸市退職。甲南大学教授。2003年姫路獨協大学教授。2007年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。