福島インサイドストーリー―役場職員が見た原発避難と震災復興

個数:

福島インサイドストーリー―役場職員が見た原発避難と震災復興

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年02月24日 09時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 215p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784875556909
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C3030

目次

第1章 原発避難のリアル(2011年3月11日(金)
2011年3月12日(土) ほか)
第2章 分断自治体のリアル(南相馬市とその被災概要;発災時の混乱と職員 ほか)
第3章 自治体連携のリアル―自治体はいかにして地域住民を守ったのか(楢葉町と会津美里町の姉妹都市・災害時相互応援協定の締結;原発事故発生からの楢葉町の避難経過と会津美里町の対応 ほか)
第4章 震災と庁舎復旧―福島県国見町の経験を踏まえて(庁舎の災害防御―被害は想定を超えた;庁舎被災―使えるものは何でも使え!コンサートホールに仮庁舎を構築せよ ほか)
第5章 自治体職員と役場のレジリエンス(「指示待ち」ではなかった市町村;避難者数の変化 ほか)

著者等紹介

今井照[イマイアキラ]
福島大学行政政策学類教授。大田区役所などを経て1999年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件