市民自治のこれまで・これから

個数:

市民自治のこれまで・これから

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月20日 18時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 275p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784875262695
  • NDC分類 318
  • Cコード C3030

内容説明

自治の源流から未来へ。地方自治の歴史に刻む珠玉のインタビュー集。

目次

松下圭一(法政大学名誉教授)―いまから始まる自治体再構築
逢坂誠二(衆議院議員)―当たり前のことを当たり前に
根本良一(前・福島県矢祭町長)―「合併しない宣言」で見えたこと
大杉覚(首都大学東京教授)―地方自治の「東京問題」を考える
庄嶋孝広(市民社会パートナーズ代表)―市民社会をファシリテートする
梅田次郎(JMAC構造改革推進セクター・行政経営アドバイザー)―市民自治のしかけをつくる
高橋寛治(和歌山県高野町副町長)―「目覚め」のまちづくり
金井利之(東京大学教授)―地域間格差と自治体の政治力
中川幾郎(帝塚山大学教授)―自治体にとって文化・コミュニティとは何か
大森彌(東京大学名誉教授)―未知の時代にグランド・セオリーを
松本克夫(ジャーナリスト)―「第三のムラ」を求めて
大石田久宗(三鷹市市民部調整担当部長)・島田恵司(大東文化大学准教授)―地域で新しい価値を創造する

著者紹介

今井照[イマイアキラ]
1953年生まれ。東京都教育委員会事務局(学務事務)、大田区役所を経て、1999年から、福島大学行政政策学類教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)