重慶爆撃とは何だったのか―もうひとつの日中戦争

個数:
  • ポイントキャンペーン

重慶爆撃とは何だったのか―もうひとつの日中戦争

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年12月14日 12時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784874984147
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0021

内容説明

世界史上初、無差別の戦略的爆撃を始めたのは日本軍だった!被爆体験者の聞き取りなど、6年にも及ぶ重慶爆撃の実態を解明、戦後補償裁判をにないつつ、アフガン・イラク戦争につながる「空からのテロ」の本質を明らかにする。

目次

第1章 重慶爆撃への道
第2章 重慶爆撃の全体像(重慶爆撃の概要;重慶爆撃の特徴;連合国の成立と中国の抗戦)
第3章 中国側からみた重慶爆撃(抗戦首都・重慶;爆撃下の重慶;被害者の被爆体験)
第4章 重慶大爆撃訴訟への道のり