重慶爆撃とは何だったのか―もうひとつの日中戦争

個数:

重慶爆撃とは何だったのか―もうひとつの日中戦争

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年02月28日 02時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784874984147
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0021

内容説明

世界史上初、無差別の戦略的爆撃を始めたのは日本軍だった!被爆体験者の聞き取りなど、6年にも及ぶ重慶爆撃の実態を解明、戦後補償裁判をにないつつ、アフガン・イラク戦争につながる「空からのテロ」の本質を明らかにする。

目次

第1章 重慶爆撃への道
第2章 重慶爆撃の全体像(重慶爆撃の概要;重慶爆撃の特徴;連合国の成立と中国の抗戦)
第3章 中国側からみた重慶爆撃(抗戦首都・重慶;爆撃下の重慶;被害者の被爆体験)
第4章 重慶大爆撃訴訟への道のり

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ののまる

9
日本軍は、1938年〜43年まで、四川省重慶と近郊都市に無差別爆撃を行った。これは世界初の「戦攻略爆撃」と作戦名に正式に掲げた、意図的、組織的、継続的な空中爆撃であり、200回を超す攻撃により、2万余人の死傷者がでた。ロンドン、ベルリン、東京、広島長崎原爆よりも数年前から、「都市そのもの」を狙って長期にわたり遂行した無差別絨毯爆撃。なのに、いま日本でこの加害行為をほとんどの人が知らない。被害に至る前の加害の歴史を知らなければ。2021/07/24

Mealla0v0

1
本書は、4つのテーマによって構成されている。1つには空爆という思想がいかにして生まれ育ってきたのか。それはドゥーエに遡り、総力戦における戦争の在り方と符合していたということ。それは重慶においてどのような形で現実したのか、ということが語られる。2つ目には、なぜ重慶を狙ったのかという点だ。天然の要害であり他の地域からの難民がひしめく重慶は、陸からは攻めにくくも空からは格好の的だったと。3つ目には、被害者の視点からいかに苛烈な攻撃だったかを叙述し、4つ目にその被害者達の救済としての裁判について触れている。2017/08/07

hiro

0
重慶爆撃という日本が無差別爆撃を行ったという事実。http://daphnetin.blog.so-net.ne.jp/に詳しい書評を乗せています!2009/12/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/516282
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。