プーチン政権の闇―チェチェン戦争/独裁/要人暗殺

個数:

プーチン政権の闇―チェチェン戦争/独裁/要人暗殺

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月20日 04時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 158p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784874983904
  • NDC分類 312.38
  • Cコード C0036

内容説明

批判者が次つぎに暗殺されるロシアの内実を個性派ジャーナリストが徹底ウォッチング。それは明日の日本なのかもしれない…。

目次

1章 誰が彼女を殺したのか
2章 邪魔者は消せ―元KGB将校暗殺事件
3章 暗殺大国ロシア―要人の暗殺
4章 ジャーナリストは敵である
5章 国際NGOの八割を「非合法化」
6章 そして、わが祖国日本は…

著者等紹介

林克明[ハヤシマサアキ]
1960年生まれ。ノンフィクション・ライター。1995年から1年10カ月モスクワに住みチェチェン戦争を取材。2001年「ジャーナリストの誕生」で第9回「週刊金曜日」ルポルタージュ大賞受賞。著書に『カフカスの小さな国 チェチェン独立運動始末』(第3回小学館ノンフィクション大賞優秀賞)がある。日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。