実践方言学講座〈第3巻〉人間を支える方言

個数:

実践方言学講座〈第3巻〉人間を支える方言

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月09日 10時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 271p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874248478
  • NDC分類 818
  • Cコード C3381

目次

福祉と方言(福祉社会と方言;医療における方言の課題;介護における方言の課題;司法・行政における方言の課題)
災害と方言(災害と方言をめぐる課題と指針;災害時における研究者間の連携;支援者向け方言パンフレットの作成;仮設住宅における方言支援活動;災害からの復興期における行政と方言研究者の連携)
国際化と方言(日本語教育における方言の課題;外国人医療・介護従事者と方言;言語サービスの国際比較)

著者等紹介

小林隆[コバヤシタカシ]
東北大学大学院文学研究科博士後期課程退学。博士(文学)。現在、東北大学大学院文学研究科教授

今村かほる[イマムラカオル]
昭和女子大学大学院文学研究科博士後期課程単位修得満期退学。文学修士。現在、弘前学院大学大学院文学研究科・文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

3
「司法・行政における方言の課題」を読んだ。タイトルはそそらないが内容はゾクゾクするほど面白かった。なぜなら実際の裁判の被疑者、警察官、弁護士、検察官のことばが丸裸で記されているからだ。取調室のやり取りなどには密室ならではの、ドラマでは感じることのできない視点があった。「裁判所では日本語を用いる」と裁判所法には書いてあって、筆者はこの中に方言も含まれるという立場をとっている。普段は敷居が高い法曹界隈の人びとが遣う、道具としてのことば(方言)について、新しい目で見る楽しみをもらった。ありがとうございます!2021/10/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17071732

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。