構文の意味と拡がり

個数:

構文の意味と拡がり

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月14日 17時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874247440
  • NDC分類 801.5
  • Cコード C3080

目次

第1部 構文研究の流れ(総論―構文論の最近の展開と今後の展望;総論―日本語研究分野における構文研究)
第2部 記号論の視点からの拡がり(逸脱表現とアブダクション―日本語と俳句とハイクとコンクリート・ポエトリ)
第3部 構文の成立と拡がり(分詞表現の談話標識化とその条件―懸垂分詞からの構文化例;日本語の発見構文;日本語恩恵構文の意味の拡がりと構文の関係性;受益構文の意味拡張―“恩恵”から“行為要求”へ;構文推意の成立と拡張―日本語の助動詞構文を主な例にして)
第4部 規範からの逸脱と拡がり(逸脱的構文から見る中核的現象と周辺的現象との相関;イ落ち構文における主語の有無;構文としての日本語連体修飾構造―縮約節構造を中心に;アメリカ英語における破格構文―節の周辺部に注目して;フランス語および西ロマンス諸語における「行く」型移動動詞の文法化)

著者等紹介

天野みどり[アマノミドリ]
大妻女子大学文学部教授

早瀬尚子[ハヤセナオコ]
大阪大学大学院言語文化研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こたろう

1
言語における構文の効果について、専門的な部分に特化して、各著者が説明をする本。各著者は、言語学の専門家で、それぞれ自身の研究内容の主張を繰り広げるが、短い紙面で、過去のそれぞれの著者の関連文献などを読まないと、とても理解できるような内容ではなかった。(素人には難しかった)。また、日本語だけではなく、英語・仏語についても対象とされた章があった。日本語だけでも、それぞれの章は、主張を読み取るのが難しく、本全体として、まとまりが全くないので、なぜこの本にまとめたのか謎だった。2019/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12425732

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。