リテラシーズ叢書<br> マイノリティの社会参加 - 障害者と多様なリテラシー

個数:
  • ポイントキャンペーン

リテラシーズ叢書
マイノリティの社会参加 - 障害者と多様なリテラシー

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年11月01日 05時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874246177
  • NDC分類 378
  • Cコード C1037

出版社内容情報

障害、性別、年齢、人種、宗教などの少数派である「マイノリティ」の中から、本書は「障害」を採りあげ、その世界の多様なリテラシーの視点から、教育と社会のあり方を考える。英語執筆者の原文は、WEBサイトにて配信予定。

本書のテーマは「多様なリテラシー」である。全編を通して「リテラシー」とは何かを考え,マイノリティ言語話者のリテラシーと社会参加を考える。以前は「マイノリティ」とは,在日コリアンや日系ブラジル人といった,いわゆる民族モデルを意味したが,現在は,障害,性別,年齢,人種,宗教,性的指向等にも同様に用いられている。本書では,特に「障害」を採りあげ,その世界の多様で,複雑,課題に満ちて,しかも豊かなリテラシーを見,教育と社会のあり方を考える。障害者施策,マイノリティ施策が大きく動きつつある現代にあって,障害当事者の声を出発点に,施策から教育現場までを考えたい。「障害=福祉の対象」ではなく,いきいきと自身の個性を生かしつつ社会に参加する,十全たる市民が育つことこそ,望まれる社会の姿であろう。そして,それは適切な教育のあり方,社会のあり方によって実現可能なはずである。(「序」より)

序 少数派のリテラシーと社会参加(佐々木 倫子)

◇ ◇

▼第1部 当事者が語る教育と社会の現実▼

第1章
ビジュアル・リテラシーの重要性
―1ディスレクシア当事者の声(神山 忠)

第2章
テクノロジーとリテラシーの多様性
―1ロービジョン当事者の声(森田 茂樹)

第3章
聴者の家庭に生まれた1ろう者の声(小野 広祐)

第4章
デフファミリーに生まれた1ろう者の声(川島 清)

第5章
モンスターの分析
―不確かな人類学とろうのスーパーヒーローの生い立ち(ヴァレンティ,ジョセフ M)

第6章
ろう者がろう者に聞く
―ろう学校でリテラシーは育成されたか(中山 慎一郎)


▼第2部 当事者と社会参加▼

第7章
当事者と非当事者(斉藤 道雄)

第8章
デフ・インタープリター入門(アダム,ロバート)

第9章
ろう児に対する教育政策
―障害児教育かマイノリティ言語教育か(岡 典栄)


▼第3部 社会のバリアフリー化と多様なリテラシー▼

第10章
情報のユニバーサルデザイン(あべ やすし)

第11章
ろう児のバイリンガル・リテラシーの育成(ガラテ,マリベル)

第12章
マイノリティと多様なリテラシー(佐々木 倫子)

◇ ◇

あとがき 当事者と非当事者の協働(佐々木 倫子)

索引

【著者紹介】
佐々木倫子(桜美林大学大学院 言語教育研究科)