道を歩けば前置詞がわかる

個数:

道を歩けば前置詞がわかる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年09月26日 00時38分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784874244005
  • NDC分類 835.64
  • Cコード C1082

内容説明

あなたは「英作文」派?「スマート」派?前置詞ってこういうことだったのか。五感を駆使してネイティヴ英語に近づく。

目次

序章 前置詞のパワー
第1章 道を歩けば前置詞が見える(大地に立つ:on;ゴールに向かって一直線:to;1歩、踏みだす:over;今はここに:at;歩く人のまわりに:byとwith;行く先::upとdown)
第2章 垂直と水平の広がり(「身を起こす」から「創造」へ:up;upとdownのアンバランス;出ていくout、出てくるout;inとoutのアンバランス)
第3章 ネイティヴの前置詞感覚(イメージをつけ足す;英語的な見方を織り込む;日本語の発想を使う)
第4章 非空間の「大物」前置詞(頭の中を照らす:of;別世界をほのめかす:for)
第5章 ことばの文化の「隠し味」(原題に潜むもの;ひとことに込めた思い;侘寂古今東西)

著者等紹介

宗宮喜代子[ソウミヤキヨコ]
東京外国語大学外国語学部教授

石井康毅[イシイヤスタケ]
東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程在籍。大東文化大学文学部ほか非常勤講師

鈴木梓[スズキアズサ]
東京外国語大学大学院地域文化研究科博士前期課程修了

大谷直輝[オオタニナオキ]
京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程在籍。カリフォルニア大学サンタバーバラ校言語学科客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「英語前置詞は苦手」というあなたへ。前置詞の多くは生活空間での動きや位置関係を表すものなので、理屈でなく五感を駆使してイメージを浮かべれば難しくありません。本書で前置詞を「体感」してネイティブ英語に近づきませんか?