日英語対照研究シリーズ<br> 生成語彙意味論

日英語対照研究シリーズ
生成語彙意味論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 235p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874243244
  • NDC分類 814
  • Cコード C3081

目次

序章 レキシコンの理論
第1章 生成語彙論
第2章 クオリアと多義の構造
第3章 自他交替構文
第4章 間接受動構文と結果構文の事象構造
第5章 場所格倒置構文

著者等紹介

小野尚之[オノナオユキ]
1959年山形県生まれ。1988年神戸大学大学院文化学研究科博士課程退学。鳴門教育大学、山形大学を経て、東北大学大学院国際文化研究科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kazy0324

1
しっかり理解できたかどうかは怪しいが, 読了. タイトルには生成の名が入っているものの, 内容的にはPustejovsky(1995)の生成語彙論をベースに構文文法からTalmyの枠付け類型論等を含む認知言語学関連の業績にも言及していて, とても面白かった. まだ理解が不十分なところも多いのでまた読むつもり.2015/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1759804

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。