謎解きの英文法 文の意味

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

謎解きの英文法 文の意味

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年03月05日 19時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784874243237
  • NDC分類 835
  • Cコード C1082

出版社内容情報

正直な男が、嘘つき???
Mary says that that honest man is a liar.
支離滅裂な文に見えますが、実はちゃんとした適格文。実際にネイティブが使う様々な英語には、学校で教わった英文法では説明のつかない「謎」がいっぱい。「謎」を解いていくと、本当の文の意味が見えてきます。
下記のようなが謎わかりますか?

1.”I am liking you.”とは言えないが、
  ”I am liking you more and more each week.”と言えるのはなぜ?

2.”Hamlet was read by John yesterday. ”とは言えないのに、
  ”Hamlet was read even by John. ”と言えるのはなぜ? 

進行形、受身文、使役文、2重目的語構文、強調構文、間接話法など、学校文法では説明できない用法をネイティブは良く使います。その謎を解く、好評シリーズ第2弾!!

内容説明

本書は、英語のさまざまな文にかかわる「謎」を解き明かそうとしたものである。ネイティヴ・スピーカーがさまざまな文を実際にどのように使い分けているか、それぞれの文がどのような条件のもとで適格となるかを、多くの例から具体的に示そうとした。そのために本書では、適格な表現と不適格な表現を比べ、その裏に潜んでいる規則を浮きぼりにする。

目次

 I am liking you more and more each week.―状態動詞と進行形
受身文(受身文の適格性条件;動作主が明示されない受身文)
自動詞の受身文
二重目的語構文
使役文(MakeとGetを中心に;HaveとLetを中心に)
分裂文の謎
前提と間接話法

著者等紹介

久野〓[クノススム]
1964年にハーバード大学言語学科Ph.D.を取得し、同学科で40年間教鞭をとる。ハーバード大学名誉教授

高見健一[タカミケンイチ]
1990年に東京都立大学文学博士号を取得し、静岡大学、東京都立大学を経て、学習院大学文学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Nobu A

3
英語学習の復習を兼ねて読み始めた「謎解き英文法」シリーズも5冊目。米国留学前に英文法書をかなり読み漁ったが、これ程までに詳細に解説しているのはお目にかかったことがない。あれから随分時が経ったのもあるが。本著にあるように、状態動詞(例:likeやresemble)に進行形はないや受動態動詞は他動詞のみ等、学校で習う英語はあくまでも基本事項を押さえたもの。例外が多く存在し、更に大事なのはそれらがどのような含意を持っているか知ること。表層的な理解と深層的なものでは別世界。前著と若干被る章もあり、後半流し読み。2021/05/06

てながあしなが

3
「冠詞」編に引き続き、「謎解きの英文法」2冊目。オビに惹かれて買ったが、なかなか進まず、やっと読了。直接話法には話者の判断も記述されるため、Mike said that the man who is a lair is honest.のような文も容認される。2016/12/14

くにお

2
進行形、受け身文、使役文、強調の分裂文(It is X that ...)、文の「前提」に関する面白い(やや込み入った)現象をそれぞれの文型の「機能」的な制約からすっきりと説明。特に使役動詞make, get, have, letの使い分けを使役者と被使役者の特性によるまとめた章が秀逸。受け身は主語が動作の「総体的ターゲット」でないといけない、というのが少し分かりづらい。読了後は各章のまとめと例文を見れば復習はばっちり。英語教師や語学オタク向け。普通の英語学習者や一般読者にはちょっと難しいのでは。2018/08/31

Memoru

0
流し読み - 状態動詞 - 受け身文 - 受け身文ー動作主が明示されない文 - 自動詞の受け身文 - S+V+DO+IO + give型 + buy型 - 使役 - 分裂文 it- - 前提と間接話法2022/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/200852
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。