日本語の節・文の連接とモダリティ

個数:

日本語の節・文の連接とモダリティ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 225p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874242957
  • NDC分類 815
  • Cコード C3081

内容説明

今日の日本語研究では、研究分野が細分化され、その影響もあってか、個別的な事実の報告は数多くあるが、その個別的な事実が一体何を意味するのか、それらはお互いにどのように関連するのか、といった、組織的・包括的な考察は少ない。本論は、日本語の文法に見られる個々の事実が何を意味するのか、それらの事実の背後にどのようなシステムがあるのかを見つけ出すことを目的とする。本論では、大きく分けて二つの問題を扱う。一つは、日本語の接続表現の違いとモダリティとの関係である。もう一つは、ノダ、ワケダという、先行研究では「説明のモダリティ」などと言われるものである。

目次

第1章 本書のねらい、構成、意義
第2章 節の連接とモダリティ
第3章 ノダの思考プロセス
第4章 ワケダ、ワケデハナイ
第5章 節の連接と思考プロセス
第6章 結論と今後の展望

著者等紹介

角田三枝[ツノダミエ]
東京生まれ。成城大学文芸学部英文学科卒業。ロータリー財団大学院課程奨学生として、オーストラリア、マクォリー大学に一年間留学。名古屋大学大学院、文学研究科日本言語文化専攻修士課程修了。お茶の水女子大学大学院、人間文化研究科国際日本学専攻博士後期課程修了。博士(人文科学)。通産省工業技術院国際研究交流センター日本語講師を経て、現在つくば日本語クラス(TaNo‐C)主宰
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。