多言語社会の言語文化教育―英語を第二言語とする子どもへのアメリカ人教師たちの取り組み

個数:

多言語社会の言語文化教育―英語を第二言語とする子どもへのアメリカ人教師たちの取り組み

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月26日 22時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 248p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784874242759
  • NDC分類 830.7
  • Cコード C1037

内容説明

本書では英語を母語としない移民児童・生徒をめぐる教育全般について幅広い項目をカバーしている。したがって各項目についてはあまり深い考察・議論は行っていない。これは本書のもとになっている筆者のクラスが、移民児童・生徒を指導する教師たちが最低知っておくべき諸問題を一通り扱った入門講座であることによる。さらに筆者が、本書を言語教育の専門の方だけでなく、教師の方、教師を目指している方、その他言語や異文化教育に興味のある一般の方々などに読んでいただきたいと思って執筆したことにもよる。したがって、特に専門知識のない方でも興味をもって読んでいただけるよう、できるだけ専門的な議論はさけ、詳細な研究結果の記述などもひかえた。本書は言語・異文化教育の一般入門書として執筆したものである。

目次

第1章 問題提起・英語を母語にもたない子どもたち
第2章 移民への教育と文化
第3章 バイリンガリズムと認知の問題
第4章 話しことばの発達
第5章 読み書きの発達:英語の読み書きのできない子どもたち
第6章 英語を母語にもたない子どもへの教科指導
第7章 カリフォルニアの言語政策とその影響

著者等紹介

バトラー後藤裕子[バトラーゴトウユウコ]
東京都出身。東京大学文学部東洋史学科よりB.A.カリフォルニア大学ロス・アンゼルス校(UCLA)でM.A.(教育学)、スタンフォード大学でM.A.(言語学)、Ph.D.(教育心理学)を取得。スタンフォード大学(Center for Educational Research)のリサーチ・フェローを経て、現在ペンシルバニア大学教育学大学院教育言語学部准教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。