音のデザイン―感性に訴える音をつくる

個数:

音のデザイン―感性に訴える音をつくる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 08時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784873789460
  • NDC分類 760.4
  • Cコード C3073

目次

第1章 音が魅力のモノづくり
第2章 サイン音のデザイン―メッセージを伝える音の最適化
第3章 映像に命を与える音のチカラ―映像に組み合わせる音のデザイン
第4章 サウンドスケープ・デザイン―風景の音づくり
第5章 公共空間における快適な音環境の創造―公共空間の音環境デザイン
第6章 音のユニバーサル・デザイン―バリアフリーな音環境の創造
第7章 音の文化的側面―音のデザインの基礎として
第8章 音楽のデザイン
第9章 サウンド・デザイナーに必要な音の感性を育てる教育プログラム

著者等紹介

岩宮眞一郎[イワミヤシンイチロウ]
1952年、兵庫県生まれ。1977年、九州芸術工科大学専攻科修了。工学博士(東北大学)。九州大学大学院芸術工学研究院音響部門教授。音響工学、音響心理学、音楽心理学、音響生態学の研究に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ものがり@冷やし中華始めました

5
ちと思っていたのとは違う感じだったかな。 専門的なことがあまり書いていないのにこの値段はちょっとねぇ2014/11/01

Daisuke Sasaki

0
先日岩宮先生のお話を聞いて再読。音は完全に遮断することは難しいものだからこそ、そのデザインについては音を取り巻く環境、聞く人、出す人、すべてに配慮していかなければならない2017/07/01

0
製品の音が美的感性にアピールする力はあるとして、音が魅力の製品をウリにするメーカーも現れている。例えば、カメラのシャッター音やOA器機の起動音などがある。音のデザインの例として、福岡市のKBCやNHKなど各テレビ局が使用しているチャイムの楽譜が載っている。映像を音に変える力をコンピュータで作り出すことやサウンドスケープ・で人として、空間と調和した音を奏でることなどが挙げられている。また、コンサートの音作りや芸術と技術の融合としての音楽のデザインについて考えられている。2014/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1021168

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。