「青年の国」ドイツとトーマス・マン―20世紀初頭のドイツにおける男性同盟と同性愛

個数:

「青年の国」ドイツとトーマス・マン―20世紀初頭のドイツにおける男性同盟と同性愛

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月23日 02時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 351,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784873788890
  • NDC分類 309.023
  • Cコード C3098

内容説明

20世紀初頭のドイツにおいて「青年」たちは、来るべき時代の担い手として過度に賛美され、そこには一種の「青年神話」が形成された。トーマス・マンを始めとする多くの知識人は、タブラ・ラサとしての青年に自らの芸術的・政治的な夢を託した。それはまたファシストたちに関しても同様であった。「青年」においてこそ、この時代のドイツにおける「文学と政治」、そしてまた「エロス」のディスクルスが一身に交差していたのである。本書は、19世紀末からナチズムの台頭に至るまでのドイツで生成・発展していった「ドイツ青年運動」、並びに当時多くの読者を持った思想書や政治的テクスト、また文学テクストを分析の対象とし、「男性同盟と同性愛」を縦軸に、「文学と政治」を横軸に据え、従来の「エロスと文学」か「政治と文学」かという二者択一的な問題設定を横断する「エロスと政治と文学」の、特殊ドイツ的ありかたを明らかにする試みである。

目次

第1部 「ドイツ青年運動」と文学(「ドイツ青年運動」―高貴と野蛮の縮図;研究史と問題点;文化批判;学童悲劇;ヴァンダーフォーゲルと文学;表現主義演劇と青年)
第2部 トーマス・マンとハンス・ブリューアー(トーマス・マン―ホモエローティク―政治;ハンス・ブリューアーとその周辺;ホモセクシュアリティの理論 ほか)
第3部 同性愛と政治のディスクルス(男性同盟とホモソーシャリティ;「女性的なるもの」の位相)
むすびに代えて―「青年の国」ドイツ

著者等紹介

福元圭太[フクモトケイタ]
1960年大阪生まれ。大阪外国語大学ドイツ語学大学院修士課程修了。ベルリン・フンボルト大学、ボン大学留学。ミュンヒェン大学日本センター講師。九州大学大学院言語文化研究院助教授。九州大学博士(文学)。ドイツ文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。