大学生、福島を聴く―東日本大震災と「心の復興」

個数:

大学生、福島を聴く―東日本大震災と「心の復興」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年12月02日 12時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 304p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784873547152
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C3030

内容説明

東日本大震災のあと、初めて福島を訪問し、ためらい、とまどう大学生たち。しかし、地元の人たちのお話を傾聴することで、自分を見直し、自らの役割に気がついていく。足掛け9年にわたる大学生たちの活動を見つめたドキュメント。

目次

東日本大震災から9年(2011年~2019年)
第1部 震災直後の福島(2011年)(震災直後の衝撃―第1回調査活動記;苦悩と分析―第2回調査活動記)
第2部 復興への模索(2012年~2015年)(傷跡は深く―2012年の調査活動記;復興への第一歩―2013年の調査活動記;地域振興への模索―南相馬市の歩み;混迷と希望と―2014年の調査活動記;復興の分岐点―015年の調査活動記)
第3部 新たな課題―住民帰還へ向けて(2016年~)(帰還を目指して―第12回調査活動記2016年;福島第一原発の今―第13回調査活動記2017年;復興まであと何年?―2018年の調査活動記;ふくしまの未来を―第16回調査活動記2019年)
大学生がみた福島

著者等紹介

橋口勝利[ハシグチカツトシ]
1975年、大阪府泉佐野市に生まれる。大阪明星学園で中学・高校時代を過ごし、京都大学経済学部卒業後、京都大学大学院博士後期課程を修了。経済学博士(京都大学)。京都橘女子大学文化政策学部ティーチングアシスタント、日本学術振興会特別研究員などを経て、関西大学政策創造学部教授。2017年、中小企業研究奨励賞準賞および政治経済学・経済史学会賞受賞など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。