関西大学東西学術研究所資料集刊<br> 日本の近世近代絵画と文化交渉

個数:

関西大学東西学術研究所資料集刊
日本の近世近代絵画と文化交渉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年10月19日 15時39分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 292p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784873546759
  • NDC分類 721.025
  • Cコード C3071

目次

第1章 文化交渉学とグローバリズム
第2章 東アジア美術史における伝播と離反
第3章 東アジア美術史としての文人画
第4章 近代美術の受容研究から文化交渉学へ
第5章 近代日本画の評価と東アジア
第6章 共時性と美術史の東西
第7章 文化交渉の日本と東アジア、そしてヨーロッパ
結論 文化交渉学としての日本美術史

著者等紹介

中谷伸生[ナカタニノブオ]
1949年、高知県須崎市に生まれ大阪で育つ。1981年、関西大学大学院文学研究科哲学専攻博士後期課程単位取得後退学。同年に三重県立美術館建設準備室臨時職員。1982年、三重県立美術館学芸員。1984年、国立西洋美術館(東京)に内地留学。1985年、三重県立美術館学芸課長。1992年より関西大学文学部哲学科美学美術史専修助教授。1997年より教授。2011年より関西大学大学院東アジア文化研究科文化交渉学専攻担当教員。1999年から2000年にかけてイギリスの大英博物館に留学。2011年にはベルギーのカトリック・ルーヴェン大学で研修。専攻は日本近世近代美術史、現代美術批評、東アジア芸術論、文化交渉学。「日本近世近代絵画と大坂画壇の再評価」で博士(文学)関西大学、「日本近世近代美術を中心とする美術交渉論」で博士(文化交渉学)関西大学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。