ヴィゴツキーと教育学

ヴィゴツキーと教育学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 374p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784873544342
  • NDC分類 371.4
  • Cコード C3037

目次

第1章 “教育”と媒介
第2章 ヴィゴツキー学派の理論と教育
第3章 社会文化的理論と活動理論への最新のアプローチ
第4章 教育における社会文化的理論と活動理論の応用
第5章 制度的調整の水準と分析

著者等紹介

ダニエルズ,ハリー[ダニエルズ,ハリー][Daniels,Harry]
1951年生まれ。ロンドン大学教育研究院で博士号を取得。同大学上級講師、バーミンガム大学教育学部教授・副学部長(リサーチ・ディレクター)などを経て、2004年よりバース大学教育学部教授(「教育学:文化と教育実践」を担当)、同大学社会文化・活動理論研究センター(CSAT)のセンター長。2005年より関西大学人間活動理論研究センター(CHAT)研究顧問教授。現代ヴィゴツキー学派の学習・発達理論や特別支援教育論、教育実践の社会文化的・活動理論的研究において世界トップレベルの研究者として著名である

山住勝広[ヤマズミカツヒロ]
1963年、神戸市に生まれる。1992年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。博士(学術)。専門は学校教育学、活動理論。大阪教育大学教育学部講師、助教授を経て、現在、関西大学文学部教育学専修教授。関西大学人間活動理論研究センター(CHAT)長。東京大学教育学部非常勤講師(「活動理論と教育学」を担当)

比留間太白[ヒルマフトシ]
1964年、埼玉県日高市に生まれる。1991年、筑波大学大学院博士課程心理学研究科中退。専門は心理学。上越教育大学学校教育学部助手、静岡大学情報学部講師、関西大学文学部教育学専修助教授を経て、2006年4月より同心理学専修教授。関西大学人間活動理論研究センター(CHAT)研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。