Infrastructure as Code―クラウドにおけるサーバ管理の原則とプラクティス

個数:

Infrastructure as Code―クラウドにおけるサーバ管理の原則とプラクティス

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 352p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784873117966
  • NDC分類 007.61
  • Cコード C3055

内容説明

はじめにInfrastructure as Codeの原則と考え方を説明し、次にダイナミックインフラストラクチャプラットフォーム、インフラストラクチャ定義ツール、サーバ構成ツール、インフラストラクチャサービスの4つにカテゴライズして解説。その上で、プロビジョニングやサーバーテンプレート管理のパターンから、テスト、変更管理パイプライン、組織やワークフローのプラクティスまでを詳述した。各ツールの使い方よりも、背景にあるコンセプトや考え方の説明に重点を置くことで、特定のツールに縛られることなく、Infrastructure as Codeを適切に実現する。

目次

第1部 基礎(課題と原則;ダイナミックインフラストラクチャプラットフォーム;インフラストラクチャ定義ツール;サーバー構成ツール;主要なインフラストラクチャサービス)
第2部 パターン(サーバーのプロビジョニングのパターン;サーバーテンプレート管理のパターン;サーバーのアップデート/変更のパターン;インフラストラクチャ定義のパターン)
第3部 プラクティス(インフラストラクチャのためのソフトウェア工学プラクティス;インフラストラクチャの変更のテスト;インフラストラクチャの変更管理パイプライン;インフラストラクチャチームのワークフロー;継続性とダイナミックインフラストラクチャ;Infrastructure as Codeのための組織)

著者等紹介

モリス,キーフ[モリス,キーフ] [Morris,Kief]
1990年代始めにフロリダで自身初のBBS(掲示板システム)を運営し、その後テネシー大学コンピュータ科学科のMScコースに入った。ロンドンに転居し、それ以来ヨーロッパに住んでいる。技術ディレクター代理、研究開発部長、ホスティング部長、テクニカルリーダー、テクニカルアーキテクト、コンサルタント、プラクティスリーダーなどを経て、2010年にThoughtWorksのコンサルタント

宮下剛輔[ミヤシタゴウスケ]
1975年北海道根室市生まれ。SIerでのプリセールスエンジニア、Web系企業でのテクニカルマネージャ職を経て、2014年4月からフリーのソフトウェアエンジニアとして活動中。合同会社Serverspec Operations代表。株式会社リクルートテクノロジーズATL技術顧問。第10回日本OSS奨励賞受賞

長尾高弘[ナガオタカヒロ]
1960年千葉県生まれ。東京大学教育学部卒、株式会社ロングテール社長。訳書百冊以上。『縁起でもない』『頭の名前』(以上、書肆山田)などの詩集もある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

Infrastructure as Codeを定義づけし、さらに現代的なサーバインフラ管理のパターンやプラクティスを網羅。Infrastructure as Codeを定義づけし、さらに現代的なサーバインフラ管理のパターンやプラクティスを網羅的、体系的にまとめた本!
「Infrastructure as Code」とは、これまで手動で行ってきたインフラストラクチャの構成管理を、スクリプトや外部ファイルに記述し自動的に行う仕組みのことです。クラウドの発展により、開発環境と本番環境は限りなく同じ状態にすることが可能になり、ChefやPuppet、Ansibleなどのツールも数多く登場したことでエンジニアの間で注目をされています。本書はInfrastructure as Codeを定義づけし、さらに現代的なサーバインフラ管理のパターンやプラクティスを網羅的、体系的にまとめています。

Kief Morris[キーフ モリス]

宮下 剛輔[ミヤシタ ゴウスケ]

長尾 高弘[ナガオ タカヒロ]