Rubyベストプラクティス―プロフェッショナルによるコードとテクニック

個数:
  • ポイントキャンペーン

Rubyベストプラクティス―プロフェッショナルによるコードとテクニック

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年05月28日 01時58分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 341p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784873114453
  • NDC分類 007.64
  • Cコード C3055

内容説明

本書は、Rubyでのソフトウェア開発経験者を対象に、プログラミングの実践的なテクニックとアイデアを、実際に使われているライブラリやコードを題材に解説する。テキスト処理やファイル管理から、テスト駆動開発、API設計、関数型言語的機能の利用、多言語化やデバッグ、保守に到るまで幅広いトピックを網羅。付録ではRuby1.8と1.9の両対応の手法やワーストプラクティスを取り上げるなど、より優れたコードを書くための力を身につけることができる。Ruby1.9に完全対応。ケーススタディに基づいて学ぶ本書は、より良いコーディングについて学びたいRubyプログラマ必携の一冊である。

目次

1章 テストでコードを駆動する
2章 美しいAPIを設計する
3章 動的な機能を使いこなす
4章 テキスト処理とファイル管理
5章 関数型プログラミングのテクニック
6章 うまくいかないとき
7章 文化の壁を取り払う
8章 上手なプロジェクトメンテナンス
付録A 後方互換性のあるコードを書く
付録B Rubyの標準ライブラリを活用する
付録C Rubyワーストプラクティス

著者等紹介

高橋征義[タカハシマサヨシ]
札幌出身。北海道大学大学院工学研究科修了(情報工学)。株式会社ツインスパークにてWebアプリケーションの開発に従事する傍ら、日本Rubyの会を設立し、以降現在まで同会代表をつとめる

笹井崇司[ササイタカシ]
ソフトウェアエンジニア。1996年、大阪大学大学院工学研究科情報システム工学専攻修了。現在、家電メーカに勤務。ネットワーク関連やモバイル機器の開発に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。