高瀬川―角倉了以伝〈続〉

個数:

高瀬川―角倉了以伝〈続〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月11日 11時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 351p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784873027647
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

江戸幕府創成期の混迷した世を駆け抜けた親子の情と確執―徳川幕府の行く末をおびやかす豊臣家を滅ぼそうと策略をめぐらす家康。その企みに巻き込まれる豪商角倉了以。了以は家康の命に心ならずも服しながら、来るべき太平の世を見据え、寂れた京の再繁栄を夢見て運河を作り、物流を盛んにしようと動き出す。為政者に頼らず私財をなげうち、命を賭して運河開削に挑む了以の前に山積する難問。了以はそれをどう乗り越えていくのか。利他に等しい了以のしたたかな晩年を描く。