IOCファミリーによるオリンピック商標の違法ライセンス問題を考える―商標制度の破壊を招く

個数:

IOCファミリーによるオリンピック商標の違法ライセンス問題を考える―商標制度の破壊を招く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月10日 11時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 182p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784872998740
  • NDC分類 507.26
  • Cコード C2033

内容説明

オリンピックに対する思考停止が、スポンサーメディアの沈黙が、商標制度の破壊を招き、日本語文化の劣化を招く。IOCファミリーによる史上空前規模のオリンピック商標の違法ライセンス活動と、我国の公有言語『五輪』の商標登録について、公益性の観点から弁理士が考える。

目次

序章 本書のテーマと構成
第1章 公益性の観点からみたオリンピック知財の管理の在り方
第2章 開催都市契約とオリンピック知財の活用
第3章 オリンピック商標のライセンス活動の商標法上の位置付け
第4章 オリンピック商標の違法ライセンス問題の解決策
終章 オリンピック知財について私が知っている二、三の事柄
付録