昭和末期の長崎天主堂巡礼

個数:

昭和末期の長崎天主堂巡礼

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A4判/ページ数 199p/高さ 21X21cm
  • 商品コード 9784872988949
  • NDC分類 523.193
  • Cコード C0026

内容説明

静謐なる祈りが響く長崎の天主堂。キリシタン受難の記憶とその足跡を訪ねて。

目次

1 平戸島、生月島
2 松浦市から佐世保市
3 長崎市とその周辺
4 島原、大村、外海
5 五島列島‐1 下五島
6 五島列島‐2 上五島
7 その他 長崎近県

著者等紹介

板倉元幸[イタクラモトユキ]
1944年群馬県藤岡市生まれ。一級建築士。1996年三菱地所株式会社退職。1997~2008年スペインの民家や祭りを主体に撮影取材旅行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。