中世史研究叢書<br> 戦国期足利将軍家の権力構造

個数:

中世史研究叢書
戦国期足利将軍家の権力構造

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 388,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784872948752
  • NDC分類 210.47
  • Cコード C3321

目次

第1部 将軍権力における側近公家衆の政治的位置(応仁・文明の乱期における室町幕府と日野勝光;足利義稙の側近公家衆の役割をめぐって―葉室光忠と阿野季綱を中心に;足利義昭期の昵近公家衆と山科言継をめぐって)
第2部 将軍権力と室町幕府官制(戦国期侍所の基礎的研究―開闔の活動を中心として;室町幕府地方の機能的変遷をめぐって)
第3部 室町幕府最末期の将軍権力(永禄の政変後の足利義栄と将軍直臣団;京都支配から見る足利義昭期室町幕府と織田権力―人的継承を中心に;足利義昭期室町幕府奉行人奉書の「執申」文言をめぐって;鞆動座後の将軍足利義昭とその周辺をめぐって)

著者等紹介

木下昌規[キノシタマサキ]
1978年生。2001年大正大学文学部史学科卒業。2006年大正大学大学院文学研究科博士後期課程満期単位取得退学。2008年大正大学大学院文学研究科研究生修了、大正大学博士(文学)。大正大学綜合佛教研究所研究員を経て、大正大学文学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。