がっこうだってどきどきしてる

個数:

がっこうだってどきどきしてる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月24日 16時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/高さ 30cm
  • 商品コード 9784872909661
  • NDC分類 E
  • Cコード C8797

内容説明

学校はどきどきしていました。なにしろ、ついこのあいだできあがったばかりでしたし、だれかの家になるのだと思っていたら、なんと学校として、たくさんの子どもをうけいれなくちゃいけないというのですから。ついに、学校がはじまる日。おおぜいの子どもたちがわんさとやってきましたが―。ワシントン・ポスト紙パブリッシャーズ・ウィークリー誌カーカス・レビュー誌が選ぶ2016年ベスト絵本。

著者等紹介

レックス,アダム[レックス,アダム] [Rex,Adam]
児童書作家。ニューヨークタイムズのベストセラーリスト入りした“Frankenstein makes a Sandwich and The True Meaning of Smekday”をはじめ、多くの児童書を手がける。アリゾナ州ツーソン在住

ロビンソン,クリスチャン[ロビンソン,クリスチャン] [Robinson,Christian]
イラストレーター、アニメーター。ピクサー・アニメーション・スタジオや、セサミ・ストリート・ワークショップでの経験を経て絵本作家に。以後、多くの絵本を手がける。マット・デ・ラ・ペニャと共作の『おばあちゃんとバスにのって』(鈴木出版)は2016年のニューベリー賞を受賞、またコルデコット賞オナー賞に選ばれる。サンフランシスコ在住

なかがわちひろ[ナカガワチヒロ]
東京芸術大学卒業。児童書を中心に翻訳者として活躍するとともに、作家・画家として絵本や童話作品を多数手がける。作絵の絵本や童話に『天使のかいかた』(日本絵本賞読者賞・理論社)、『かりんちゃんと十五人のおひなさま』(野間児童文芸賞・偕成社)、翻訳絵本に『どうぶつがすき』(日本絵本賞翻訳絵本賞・あすなろ書房)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

53
2018年全国課題図書 低学年。新入生だけがドキドキしているのでなく、学校もドキドキしていると思うと、一緒に楽しもう、頑張ろうと思え、学校が好きになりそうですね。2018/08/31

パフちゃん@かのん変更

45
学校を擬人化して書いてある。建ったばかりの学校、掃除をしに来たようむいんさんの家だと思っていたら子どもたちがたくさん来てびっくり。「学校なんて大嫌い」という言葉に傷つく学校。子どもたちの言動に学校がドキドキしてるのが面白いね。2018/04/24

たまきら

40
ふうむ…。課題図書と言うこともあり、オタマさんと読んでみました。生まれたばかりで一年生よりも社会経験がない学校がかわいい。オタマさんに「どう?これで書いてみたい?」と聞いたら、「調べ学習が終わるまでそっちは考えたくない」んだそうです。デッドラインは近いぞ~。2018/08/23

☆よいこ

40
新しく建てられた学校。「こどもがくるの?なにをしにくるの?」学校は心配になる。たくさんの子ども達、いろんな子供たちが来た。中には「学校なんか大嫌い」という子がいて、学校は落ち込んでしまう。でも、子ども達が遊んだり給食を食べたり、勉強したりして、たくさん笑うとだんだん楽しくなってきた。「あのこたち、あしたもまたきてくれるといいなぁ」素朴で可愛らしい絵本。2018/05/29

たまきら

35
読書感想文の時期に借り、結局感想文を書くには至らなかったものの推薦図書の中では娘さんが一番気に入った本です。また借りてきて、じっくり読んでいました。最近学校の廊下や人気のないすみっこが怖いオタマさん。何か感じるところがあるのかもしれないなあ、と一人で読みふける背中を見ながら思うオカンでした。2018/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10498803
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。