フランスの子どもはなんでも食べる―好き嫌いしない、よく食べる子どもが育つ10のルール

個数:

フランスの子どもはなんでも食べる―好き嫌いしない、よく食べる子どもが育つ10のルール

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月06日 13時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872907742
  • NDC分類 498.5
  • Cコード C0077

出版社内容情報

フランスの子どもは好き嫌いをしない? 子どもの「食事」に悩むお母さんたちに、目からウロコの解決法!

【著者紹介】
カナダ生まれ。ブリティッシュコロンビア大学教授。2011年にカナダの教師トップ40に選ばれる。フランス人の夫と娘2人とカナダ、フランスで過ごす。著書は学術書が3冊。

内容説明

子どもは好き嫌いが多いのがあたりまえ?食べたい時に食べさせないとかわいそう?お菓子がないと静かにしていられない?食卓にじっと座ってなんかいないもの?子どもの食事に悩むすべての親に贈る、フランス流食育のコツ。

目次

フランスの子どもはなんでも食べる(そしてあなたの子どもも!)
ヨチヨチ歩きとビーツ・ピューレ―フランスに来て見たことのない食べ物に遭遇
お腹を教育する―「フランス式」の食べ方を学び始める
食卓の芸術―友人とのディナーとちょっとした議論
食べ物をめぐるバトル―子どもを食べなくさせてしまう方法
コールラビ実験―初めての食べ物が好きになる方法
4回の決まった時間の食事―フランスの子どもはなぜ間食をしない!?
スローフードの国―何を食べるかではなく、どのように食べるかが大事
2つの世界のいい点
最も大切なフードルール
ハッピーに食べる子どもを育てるためのコツ
子どものためのフレンチ・レシピ

著者等紹介

ル・ビロン,カレン[ルビロン,カレン] [Le Billon,Karen]
ブリティッシュコロンビア大学教授。2011年には、40歳以下にして意義深い成功を収めたカナダ人リーダーを称える国家プログラム「Top 40 Under 40 Award」を受賞。オックスフォード大学で博士号を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。