正しい家計管理・長期プラン編 老後のお金

正しい家計管理・長期プラン編 老後のお金

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872907711
  • NDC分類 591
  • Cコード C0095

出版社内容情報

死ぬまで黒字家計でいられる、考え抜かれた管理法! 前著『正しい家計管理』で徹底的に短期家計を整える方法を指南。

【著者紹介】
公認会計士、税理士、大学院教員(管理会計)。外資系会計事務所、監査法人勤務を経て独立。現在、経営コンサルティング、会計システムの設計・導入指導、講演活動を行っている。ベストセラー『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』(ダイヤモンド社)、『ドラッカーと会計の話をしよう』(中経出版)、『正しい家計管理』(WAVE出版)ほか著書多数。家計も会社経営も目的は同じで、「お金」はそれに振り回されるのではなく、「満足度の高い人生」を送るために使うべきだと説く。目から鱗のアイデアとアドバイスが好評。

内容説明

50代では、遅すぎる。死ぬまで黒字家計でいるために、30代、40代のいま、考えるべきこと。生涯の収支を一度ざっくり見通すだけ。一生、お金の心配と無縁でいられる、考え抜かれたやり方。

目次

第1章 家計管理の目的と定学
第2章 「老後のお金」を考える
第3章 将来の収入を予測する
第4章 価値にもとづいて支出を予測する
第5章 働き方を考える
第6章 住まいのプラン
第7章 教育費のプラン
第8章 健康と保険
第9章 貯蓄プランを立てる
第10章 長期プランの確定
付録 「老後のお金」体験記

著者等紹介

林總[ハヤシアツム]
公認会計士、税理士、明治大学大学院特任教授(管理会計)。外資系会計事務所、監査法人勤務を経て独立。現在、経営コンサルティング、会計システムの設計・導入指導、講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あかり

52
帯に書いてあった(50代では遅すぎる)にショックを受けながら読んだ。30代〜40代の子育て世代にはいいと思う。老後、年金の話はためになった。子供達をあてにせずに、リフォーム方向に向かっていく事と建物の災害保険をレベルアップしようと思う。基本は、家族と夫婦が健康で生きている事。過ぎてしまったが、夫の稼ぎと妻のしがないパートの稼ぎで、2人の子供達の教育費等…よく乗り切れてきたと思った。2017/07/13

アセロラ

8
前著『正しい家計管理』も熟読し、こちらは初めて拝見しました。この通りにやったらかなり大変だと思いますが、やらないとダラダラとお金を使ったり謎に切り詰めたりして、後々真っ青になる未来が見えます。老後、どのような楽しい生活をしたいかという視点から「お金がかかる」ではなく、幸せになれることに「お金をかける」という考えに共感しました。老後は20代30代40代50代の続き、ということも実感。老後が近い人以外にも、老後はまだまだ先、イメージつかない、という人こそ読むべきです。楽しい老後のために貯蓄できるのは今です。2019/03/25

アセロラ

7
再読でした。家計管理の目的は、ひとつ、自分と家族が現在も未来も幸せに暮らすこと。怖いのは、せっかく稼いだお金を自分の幸せのために生かせないこと。お金に対する考え方を再認識するきっかけになりました。老後のことを予め考えられるのは、老後よりも前の今です。2020/03/23

ellie

5
林さんの本は二冊目。これはAFPとしてはバイブルにしたいですね。「価値あることにお金を使いたくて、一生懸命貯めたお金を老後三十年かけて楽しみながら使っていく」というコンセプトは、とても参考になりました。しかし、自分の家計でやってみたら、どう頑張っても趣味の旅行費が捻出できませんでした(v_v)ならば、資格を取って老後の収入維持を狙うべきか、と前向きに捉えたいと思いました。皆さん、30代、40代のうちに読まれると良いですよ、退職まで残り11年では、突然貯蓄額は増やせませんから(笑)2016/11/09

みーこ

4
★★★★☆ 前書の正しい家計管理は今でも私のバイブルです。短期、中期プランを立てて、これからはこの本を参考に長期プランを立てます。実家の収支や負債、預金額も確認したので、それも考慮しつつ、親のためにもどれくらいお金が貯められるかなども検討したい。2020/08/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9962563

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。