遺書―わたしが15歳でいじめ自殺をした理由

個数:

遺書―わたしが15歳でいじめ自殺をした理由

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年10月17日 18時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 63p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784872907117
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C0036

内容説明

私は15歳。音楽と海が大好きで、明るい性格のどこにでもいる女の子。「優しいこころが一番大切だよ」そんな言葉を託して、私は天国に行きました。―本当は、生きたかった。大好きなあの教室に戻りたかった。大人の力が、欲しかった。遺族によって初めて明らかにされる、いじめ自殺の真実。

著者等紹介

小森美登里[コモリミドリ]
昭和32年神奈川県生まれ。NPO法人ジェントルハートプロジェクト理事。1998年、高校入学間もない一人娘の香澄さんをいじめによる自殺で失う。それをきっかけに、夫婦で活動を始める。2002年ジェントルハートプロジェクトを仲間と共に立ち上げ、講演、展示会、勉強会の開催等の活動を開始。翌年、NPO法人化し、活動を全国で展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

本当は、生きたかった。
大好きなあの教室に戻りたかった。
大人の力が、欲しかった。

遺族によって初めて明らかにされる、いじめ自殺の真実

悲劇を繰り返さないために
教室で、家で、大人と子どもが一緒に
いじめについて考えるきっかけになる本

私は15歳。
音楽と海が大好きで、
明るい性格のどこにでもいる女の子。
「優しいこころが一番大切だよ」
そんな言葉を託して、
私は天国に行きました。

【著者紹介】
小森美登里 (こもり みどり)
昭和32年神奈川県生まれ。NPO法人ジェントルハートプロジェクト理事。

1998年、高校入学間もない一人娘の香澄さんをいじめによる自殺で失う。それをきっかけに、いじめが社会の大きな問題であることを知り、いじめのない社会、あたたかい教室と学校を目指し夫婦で活動を始める。2002年ジェントルハートプロジェクトを仲間と共に立ち上げ、講演、展示会、勉強会の開催等の活動を開始。翌年、NPO法人化し、活動を全国で展開。小学生から大人までを対象とした講演は1,000回を超える。子ども達には、自分と友達の「心と命の存在」を知り、互いを尊重し合えるよう、問い掛けをしながらの講演をし、大人達には、今まで正しいと思っていたいじめに対する対応の振り返りと、親として大人としてできることの提案をしている。