ロシアと雑貨―ラブリーをさがす55の旅

個数:

ロシアと雑貨―ラブリーをさがす55の旅

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月02日 09時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784872906875
  • NDC分類 293.8
  • Cコード C0095

出版社内容情報

なつかしい。愛らしい。ロシアと雑貨、55の物語。
文房具、生活雑貨、お菓子に宇宙グッズまで。
ほかの国にはない「ラブリー」をギュッと体験できる本。

◎生活雑貨、文房具、宇宙グッズに美しい聖なるアイテム…。ちょっとダサいけれど、たまらなく懐かしくて、愛おしい。ふしぎ大帝国・ロシアと雑貨の魅力を大公開。

◎全国の雑貨イベントで今、大注目のロシア雑貨。北欧や東欧のものとも違う「ラブリーな」魅力にはまり、10年近くロシア雑貨の買いつけを続ける、奈良のカフェ「カナカナ」オーナーが案内します。

◎散歩と植物、おとぎ話と宇宙をこよなく愛すロシア人。そして、ちいさなことにこだわらない「ニーチェーボー」主義(関西弁なら「ええねん、気にしな」くらいのニュアンス)。
 広大な大地にどっかりと構えて暮らすロシア人のおおらかさに励まされ、ロシアから戻るたび、「人生いろいろあっても、今日は楽しくやろう」といつも思えるそうです。
 私たちが知らない、ほほえましい「本当のロシア」を、ありのままお届けします。くすりと笑えて、読むだけで旅した気持ちになれる、ロシア案内の決定版です。

■もくじ

・・・・・・・・・・・・・・
はじめに
・・・・・・・・・・・・・・
?T おとぎ王国のラブリー

00 おとぎ話のある暮らし
01 私のラブリー市場「ヴェルニサージュ」
02 ターニャの指人形
03 哀愁の人形
04 いろんな本屋について
05 古い絵本とグラビア
06 サーカス
07 妖精をさがして

・・・・・・・・・・・・・・
?U おみやげラブリー

08 ミーシャ
09 チェブラーシカ
10 ハリネズミ
11 花柄の布もの
12 手編みの靴下
13 マトリョーシカ
14 市場
15 アルバート通り
16 グム百貨店
17 キオスク

・・・・・・・・・・・・・・
?V USSRなラブリー

18 ピンバッジ
19 文具
20 郵便と切手
21 USSR美術館
22 大衆食堂
23 USSRなカフェ
24 スターリンクラシック
25 ダーチャ

・・・・・・・・・・・・・・
?W ローカルライフのラブリー

26 食卓
27 食器
28 スーパーマーケット
29 エプロン
30 ウクライナ料理
31 グルジア料理
32 ファーストフード
33 チョコレート
34 甘いもの
35 花屋
36 散歩
37 おしゃれ
38 ロシア語

・・・・・・・・・・・・・・
?X 乗りものラブリー

39 乗りもの切手
40 地下鉄
41 列車
42 乗合バス
43 遊園地とモスクワ川クルーズ
44 宇宙グッズと宇宙スポット

・・・・・・・・・・・・・・

?Y インペリアルなラブリー

45 乙女の「インペリアルポーセレン」
46 ちいさなお宝「インペリアルエッグ」
47 セレブリティのカフェ
48 「赤の広場」の眺め
49 ロシアの宝石箱「エルミタージュ美術館」
50 「クスコヴォ」でプチ宮殿体験

・・・・・・・・・・・・・・
?Z 聖なるラブリー

51 正教グッズ
52 お祈りスタイル
53 クリスマスとイースター
54 聖地「セルギエフ・ポサード」
55 「血の上の救世主教会」

・・・・・・・・・・・・・・
あとがき
・・・・・・・・・・・・・・

【著者紹介】
井岡美保(いおか みほ)
奈良在住。古い町並みの残る奈良町でカフェ「カナカナ」を夫と営む。かわいいものと旅への好奇心と探究心は尽きることなく、年数回ロシア・ヨーロッパを中心に雑貨ハンティングへ出かける。著書に『カナカナのかわいいロシアに出会う旅』(産業編集センター)、『はじめまして奈良』(ピエブックス)などがある。◇カナカナ kanakana.info/

内容説明

散歩と植物をこよなく愛し、宇宙やおとぎ話が大好きなロシア人。広大な大地と透明な空気につつまれながら、すこやかにおおらかに受け継がれる、ロシアのものづくり。生活雑貨から宇宙グッズまで、たくましくて愛らしい「ラブリー」ロシアと出会う旅へ。まるでファンタジー!?ちょっとダサくて、懐かしい。ふしぎ大帝国の、人ともの。

目次

1 おとぎ王国のラブリー
2 おみやげラブリー
3 USSRなラブリー
4 ローカルライフのラブリー
5 乗りものラブリー
6 インペリアルなラブリー
7 聖なるラブリー

著者等紹介

井岡美保[イオカミホ]
奈良町でカフェ「カナカナ」を夫と営む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Nobuko Hashimoto

25
ロシア の懐かしテイストな雑貨たち。モスクワ五輪のマスコット、こぐまのミーシャ は、昔ソ連に行った時にキーホルダーをたくさん買って帰ったのだが、実家に置いてきてしまった。発掘したいなぁ。ピンバッジ はよく露店で古いのを売っているので、いかにもなのをちょっとずつ集めている。ぐさぐさ刺して飾りたいなあ。ガガーリンのマトリョーシカ 欲しいなあ〜! 映画と伝記ですっかりファン(*´∀`*) あぁ、ロシアもまた行きたいな~~♪2019/07/14

おかむら

15
ダサカワイイ! 女子ゴコロをくすぐる雑貨の数々。うっとり。 カフェやキオスクなどの建物、室内もちょーステキ。柄on柄のラブリーなことといったら! 帝政ロシアの豪華さとソ連のチープさが程よくミックスされたガイドブック。よいわー。著者は奈良でカフェをやってるようなので行きたいなあ(でもたぶん禁煙…)2014/11/16

芽依*

13
いつも良く見ているヨーロッパの雑貨とは違う味のある物がいろいろ出て来て楽しい。レトロな懐かしい感じに心が温かくなります。お馴染みのマトリョーシカやチェブラーシカもやっぱり登場。2018/12/14

まりこ

11
図書館より*ラブリー☆彡写真も文字も小さ過ぎるのが残念。色々詰め込み過ぎ。もっと贅沢にゆったり見れたら幸せな本だわよ〜っ。20年以上前、知り合ったロシアのお友達を思い出す。タチアナターニャ。一度手紙をもらった。マリコ。愛してる。本当に愛してる。って平仮名で繰り返し書いてた。親切にしてくれてありがとうって伝えたかっただけなのよね(笑)もう連絡先もわからないけれどロシアと言えば思い出す。元気かな。2016/10/26

Hideka

6
★★★乙女な雑貨やお店が好きな人にはうけそうな本。暗く、寒いイメージのロシアにこんな魅力があるなんて知らなかったなー。宮殿などの建築物がポップでかわいいデザインが多く、見に行ってみたい。24時間営業の花屋があるなんてびっくり。2016/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8217623

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。