声を変えると不調は消える―医師が教える1日5分の発声法

個数:

声を変えると不調は消える―医師が教える1日5分の発声法

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872906011
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0077

出版社内容情報

「声を出すだけ」でいい。正しい発声法が自律神経を整える。

免疫力もアップし、アンチエイジングにも効果的。
ストレス解消から不眠症・高血圧・頭痛・ぜん息・不定愁訴の改善、認知症予防・脳の活性化など、現代人の健康の悩みを「声」が解決する。

●第1章 なぜ声を出すと健康にいいのか
●第2章 “無言”生活の落とし穴
●第3章 「ラの音」(腹式発声)があなたを変える
●第4章 心身トラブルを防ぐ生活習慣

【著者紹介】
医学博士。昭和大学医学部卒。開業以来、西洋医学に東洋医学を取り入れるとともに、食事指導、運動指導や最新の検査機器を導入して予防医学にも尽力。2007年には厚生労働省認定健康運動施設医療法42条施設「健康ひろば」を2施設設立し、心身医学療法にも取り組むなど、トータルヘルスの実践に努めている。歌手活動も行うほど歌うことが好きで、医療の場にカラオケを活用した健康法も取り入れている。メディア出演も多数。

内容説明

「ハミング」と「ため息」で10歳若返る。ストレス・高血圧・不眠・ぜん息・メタボ・不定愁訴の改善から、アンチエイジング、脳の活性化、認知症・生活習慣病予防まで誰にでもすぐにできる、「声出し健康法」。

目次

第1章 なぜ声を変えると健康になるのか(発声と呼吸を意識すれば健康になる;なぜ、腹式発声で健康になれるのか ほか)
第2章 声で体はこんなに変わる(睡眠時無呼吸症候群という現代病;腸を鍛えるから便秘が解消! ほか)
第3章 ボソボソ声は不健康まっしぐら(声を出さない人が増えている;しゃべらないと脳がどんどん衰える ほか)
第4章 この声の出し方で人生が変わる(腹式呼吸と胸式呼吸の使い分け方;まずは腹式呼吸の基本をおさえる ほか)
第5章 心身トラブルを防ぐ体づくりと生活習慣(起きたらまず周東式ハミングをしよう;夜はハミングしてから眠りにつこう ほか)

著者等紹介

周東寛[シュウトウヒロシ]
南越谷健身会クリニック院長。医学博士。1978年昭和大学医学部卒。1986年に駅ビル医院「せんげん台」を開院。1990年医療法人健身会設立、理事長に就任。1995年に昭和大学藤が丘病院呼吸器内科兼任講師となる。2003年南越谷健身会クリニックを開院し、2008年院長に就任。2012年に獨協医科大学越谷病院糖尿病内分泌・血液内科非常勤講師。日本内科学会認定医、日本東洋医学会専門医等をはじめ各学会の専門医、指導医を取得。学生時代から西洋医学、東洋医学を併合した医療の研究をすすめ、病気の早期発見、早期対応による発症予防医学の重要性を提唱(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。