ありのままがいちばん。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 192p
  • 商品コード 9784872905915
  • Cコード C0095

出版社内容情報

腰が引けている、小手先、腹が座らない・・・
からだはあなた自身を物語ります。
丸ごと使い切って生ききることが大切です。

中川李枝子さんのベストセラー児童書『いやいやえん』のはるのはるこ先生のモデルであり、
整体の創始者・野口晴哉師の最後の直弟子である著者が語る、小手先じゃない人生の整え方。

保育園運営のなかで、子どもたちから学んだ「明日に向かって生きる力」、
野口晴哉師から学んだ「体をまるごと使って生ききる力」がわかる1冊です。

第1章

内容説明

中川李枝子さん作の児童書『いやいやえん』の先生で、「整体」の創始者野口晴哉師、最後の直弟子。87歳現役整体師による小手先じゃない人生の整え方。

目次

第1章 いつだって明日を見ている(描けば道は拓かれる;この世はなんとかなることばかり;一期一会のこころが大切 ほか)
第2章 からだを使いきって生きる(話を聞くことが救いとなる;痛みや熱を止める愉気;愉気の力を信じる ほか)
第3章 でこぼこだけど一本道(言葉はときとして呪縛となる;物ほどつまらないものはない;好きなことだけをする暮らし ほか)

著者等紹介

天谷保子[アマヤヤスコ]
1925年東京生まれ。東京府立第一高等女學校卒業。結婚後、現駒沢オリンピック公園で子どもたちの保育をボランティアではじめる。その流れで自身が園長となって「みどり保育園」を開園。信念を持って運営にあたり、共に働いていた保母の中川李枝子さん(その後作家として活躍)のロングセラー児童書『いやいやえん』のはるのはるこ先生のモデルともなる。幼少時からからだの不調に悩まされ続けてきたが、野口整体の野口晴哉師と出会い、自身の痛みと不調が取り除かれたことにより、整体の奥深さに触れ、保育園でも特に子どものからだについて熱心に見守る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

♡ぷらだ♡

42
中川李枝子さんの自叙伝を先日読んで天谷保子さんを知った。彼女のことをもう少し知りたくなって手にとった1冊。彼女は、中川李枝子さんが勤めていたみどり保育園を始めた人であり、野口整体の創始者の最後の直弟子でもある。健康とは病気ではないと答える人が多い中、天谷さんは「本来からだは自ら治癒する力をもっているので、たとえ病気にかかっても健康な人ならば自分で治すことができる。その力がちゃんと働く状態を『健康』というのではないかと思う」という。自らの体験を言葉で表現。健康感は人それぞれだがこの言葉はしっくりくるなあ。2019/10/13

ちいさな図書館

19
整体をしてもらったように、心がすっと整えてもらえたような、ラクになれる本。ずっと読んでいたくなる、優しさと強さがいっぱい。さすが、あのいやいやえんのモデルの先生だな。愛情たっぷりで、この人の手はきっと魔法の手なんだろうな。体の調子が悪くなると途端に視野が狭まるし呼吸が浅くなるけれど、読んでいるあいだ、ずっとラクに息ができた。抜けるきっかけになったかな。2014/12/20

Yuko

7
<中川李枝子作『いやいやえん』の先生で、「整体」の創始者野口晴哉師最後の直弟子。保育園運営で、子どもたちから学んだ「明日に向かって生きる力」、野口晴哉師から学んだ「体をまるごと使って生ききる力」がわかる1冊。> 2012年 はるのはるこ先生のモデルは天谷さんで、なつのなつこ先生は中川李枝子さんご自身だったとは!中川さんとの保育園のエピソードもとても良かった。虚弱体質で様々な病気に苦しんでいた著者が元気を取り戻す経過についても興味深い。からだをゆるめる大切さが繰り返し述べられていた。 2019/09/12

くま

5
今すごく人生や生き方に迷っているときなので、体を整えて勘を取り戻したいと思う。2013/10/01

☆ acco ☆

5
マジすか?な部分もあって、自分のアタマの固さにがっかりしながらも、著者の人柄に引き込まれて一気読み。お逢いしてみたい・・・いや、何か見抜かれそうで ちと怖い・・・。2013/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5540221

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。