本当に大切にしたい日本のごはん

個数:
  • ポイントキャンペーン

本当に大切にしたい日本のごはん

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872905793
  • NDC分類 596.21
  • Cコード C0095

内容説明

温泉場の漬物がおいしいのは、野菜をお湯で洗うから。七輪で炊いた豆や昆布がおいしいのも、低温調理だから。“ちょっと前の日本の暮らし”から学ぶ命が喜ぶ簡単料理。

目次

第1章 素材の旨みを生かす50度洗いと低温調理(命が喜ぶ調理法を学ぶ;下ごしらえは50度洗いで;食材にやさしい「低温調理」 ほか)
第2章 簡単!だしいらず命が喜ぶレシピ(素材を丸ごと味わう;コトコトと、野菜を煮よう;常備菜で食卓を彩る ほか)
第3章 日本の暮らしと毎日のごはん(命が喜ぶ日本のごはん;料理はからだで覚える;ごはんを変えてツヤ肌になる ほか)

著者等紹介

中川誼美[ナカガワヨシミ]
東京都出身。慶応義塾大学卒業。新婚旅行で訪れたアメリカ・ウッドストックでの生活に影響を受け、結婚後、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心とした食生活を実践。家業の繊維会社、印刷会社の経理を担当しながら、人と自然にやさしい生活の実践を活かし、55歳のときに京都円山公園内に、自然を肌で体験できる宿「京都吉水」をたちあげる。さらに“ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業し、切り盛りする。予約の取れない宿として一躍人気となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

暮らしの基本は作ること・食べること。
”いのちが喜ぶ”ごはんのある暮らしのはじめ方。
暮らしのかなめとなる「食」を見直すことで、本当に豊かな暮らしを手に入れるための本。

はじめに

第一章 素材の旨みを生かす 50度洗いと低温調理
◎命が喜ぶ調理法を学ぶ
お宿吉水のごはんづくり
◎下ごしらえは50度洗いで
40~50度が酵素が活性化する温度
正しい50度洗いのポイント
50度洗いの効果
50度洗いの注意点
◎食材にやさしい「低温調理」
85度~90度以下で調理すること
古くから伝わってきた日本の知恵
野菜は歯ごたえがよくなる
魚も肉もやわらかく旨みが出る
◎食材を水だけで煮てみよう

第二章 簡単!だしいらず 命が喜ぶレシピ
◎素材を丸ごと味わう
◎コトコトと、野菜を煮よう
◎常備菜で食卓を彩る
◎天ぷらで旬を味わう
◎野草料理、あれこれ
◎気軽に食べたい山菜料理
◎大切にしたい!主食のごはん
◎お肉も50度洗いを忘れずに
◎気軽にしたい!酢じめ料理
◎毎日食べたい豆腐料理
◎じっくり待つだけ鍋料理
◎海藻料理で体内をきれいに
◎季節の果物を簡単アレンジ

第三章 日本の暮らしと毎日のごはん
◎命が喜ぶ日本のごはん
料理する習慣は一生の宝になる
◎料理はからだで覚える
◎ごはんを変えてツヤ肌になる
素顔だから自分の健康がよくわかる
化粧いらずの肌は「食べたら出す」が基本
◎消化を第一に考えること
健康のバロメーターを持つこと
◎添加物なしの素朴なごはんを
自分でつくればからだも経済もお得に
ごはんで毎日を大切にする生き方
◎季節の野菜と果物を食べる
旬を欲するのはからだの摂理
自然の恵みをおいしくいただく
大地のパワーを野草でいただく
◎おいしいごはんは美しく食べる
日本らしい食卓の作法を守っていきたい
◎本当に贅沢な粗食を知ろう
白米は老化食 良質な玄米を食べよう
もう一度、玄米中心の食文化に
しっかり情報を得て納得の食材を選ぶこと

あとがき

【著者紹介】
東京都出身。慶應義塾大学卒業。
新婚旅行で訪れたアメリカ・ウッドストックでの生活に影響を受け、
結婚後、家庭にテレビを置かず、有機野菜などを中心とした食生活を実践。
実家の繊維会社、印刷会社の経理を担当しながら、人と自然に優しい生活の実践を生かし、
55歳のときに京都円山公園内に、自然を肌で体験できる宿「京都吉水」をたちあげる。
さらに”ちょっと前の日本の暮らし”が体験できる「あやべ吉水」を開業し切り盛りする。予約の取れない宿として一躍人気になる。
著書に『ちょっと前の日本の暮らし』(中公新書ラクレ)、『本当に大切にしたい日本の暮らし』(小社)がある。