不屈魂―拘置所から復活した現職市長の手記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872904505
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0036

内容説明

市長在職中に無実の罪で逮捕、220日勾留。さらに、妻の自殺、次男の急死―。彼は、この世の地獄で何をみたのか?絶頂、転落、喪失、怒り、悲しみ…。そして、奇跡の復活!これほどまでに、劇的な政治家がいたのか―。

目次

第1章 220日の闘い
第2章 成長
第3章 俺がやらずに誰がやる
第4章 汚された正義
第5章 雌伏
第6章 復活
第7章 車イス市長の闘い

著者紹介

松本崇[マツモトタカシ]
1941年東京生まれ。長崎県大村市で育つ。慶応義塾大学卒業後、国際基督教大学(ICU)行政大学院に進む。修了後、博報堂に勤務。1987年、大村市長選に出馬。保守分裂選挙を征する。2期目途中、収賄容疑で逮捕、220日間勾留。否認を貫いたが、有罪判決を受ける。その後、妻の自殺、次男の急死など不幸に見舞われ「どん底」を経験。しかし、持ち前の負けん気で再度市長選に挑戦。2002年に奇跡の復活当選を果たす。その後、財政危機を克服するなど成果を次々にあげる。2010年10月3日には、激戦の末、復活後3選を決める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

現職市長のとき、贈収賄容疑で220日間拘留、有罪判決。「どん底」を乗り越え、市長に返り咲いた男の不屈の魂!