まほちゃんの家

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 159p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784872902846
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

初めてのデート、塾通い、島尾家の十二ヵ月、祖父・島尾敏雄、父と母、亀のぴよことアヒルのガーコ、叔母のマヤさん、バイト、教育方針…。忘れがたい風景を綴った胸にせまる随筆集。

目次

マヤさんのこと
まほちゃんの家
母との思い出
あの頃いた人
子どものわたし
父との父子家庭
引っ越しとやけど
かごしま御茶ノ水
さようなら、ぴよこ!〔ほか〕

著者等紹介

しまおまほ[シマオマホ]
1978年10月東京・御茶ノ水に生まれる。多摩美術大学二部芸術学科卒業。1997年、『女子高生ゴリコ』でデビュー。ファッション誌やカルチャー誌に漫画やエッセイを発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スノーマン

25
しまおまほさんは同世代。私服の高校なのに、友達グループで同じ制服にするのが暗黙の了解…。ルーズソックス、アムラー、流行。それに乗れず毎日ジャージのまほさん。私もそんな高校で生き抜くのは怖いよー!私も結局ルーズソックス結局はかなかった(笑)イメージとしてもっともっと型破りで変わり者な気がしてたけど、静かな語り口、家族や友達への優しい目線。ゴリコ的な女の子というより、こういう人だったんや〜。それにしても子供時代の写真は顔立ちといい髪型といい楳図かずおのまことちゃんにソックリ!2015/05/28

sawa

9
★★★★☆ しまおまほ。スチャダラパーと時折仕事している。「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」のレギュラー。そして何よりも『死の棘』の島尾敏雄の孫娘!!本業のマンガは全然知らないのでイマイチどんな人なのか分からなかったけど、これを読んでますますまほちゃんが好きになった。死の棘一家はこんな風になったのかという野次馬的面白さもあるけど、まほちゃんの素直でのびのびとした文章が素晴らしい。しまおまほにしか書けない文章。他のエッセイもマンガも読んでみたい。(図)2013/05/06

みーちゃん

6
すごく素直に書かれたエッセイ。高校生活の話も、よかった。島尾家だけど、おもったより普通の家で、両方のおばあちゃんに愛されて、いいなと思いました。最後は泣いた。2020/11/08

Doris

5
写真集 まほちゃん を見たのでこちらも読んでみました。可愛い。しまおまほさんの視点、感性が豊かで面白い。こちらに載っていた写真も可愛かった。肩に洗濯バサミのワンピースとか。2020/09/27

matsu

5
長い間積ん読だったのを見つけて読んだ。しまおまほさんのエッセイ集。彼女の生い立ち、家族について色々なエピソードが書かれている。感受性が豊かで、僕はそういう風に感じられないなぁと感心しっぱなしでした。 一つ驚いたのは、僕の妻の友人の話とスナップ写真が出てきたこと。妻の小中高の友人は高校卒業以来しまおまほさんと仲が良いらしい。いきなりだったのでびっくり!世間は狭い。2018/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/494695

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。