市場化のなかの北欧諸国と日本の介護―その変容と多様性

個数:

市場化のなかの北欧諸国と日本の介護―その変容と多様性

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月25日 07時20分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 426p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784872595970
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C3036

出版社内容情報

サービス化する北欧諸国の介護の実態を現地との共同研究から分析し、日本の介護労働の実態と比較する。変容する社会のなかで、北欧諸国の介護は市場化がもたらす課題にどのように向き合っているのか。日本の介護労働の実態は北欧諸国とどのように異なり、どのようにあるべきか。

グローバル化、新自由主義的政策の流れのなかで、普遍的給付を原則としてきた北欧諸国の高齢者介護は市場化と多様化の向きを強めている。スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、それぞれの社会情勢や歴史、政策方針を背景にして変化する「介護サービス」の最新動向を、北欧諸国の介護研究の第一人者との共同研究から分析する。また、日本の介護労働は北欧と比較してどのような状況にあるのか、大規模な比較調査から明らかにする。

はじめに 社会の変容と高齢者介護―国際比較、介護現場の視点から




第1部 NORDCARE調査からみた北欧諸国と日本の高齢者介護




第1章 「施設」と「在宅介護」の境界線―介護労働者の日常からみえるもの

第2章 スウェーデンと日本の介護労働者の実像―ホームヘルパーと施設職員の属性を中心に

第3章 日本とデンマークの介護労働環境―介護労働者のストレスとその背景

第4章 仕事の裁量とやりがい―W?rnessの「ケアの合理性」概念に焦点をあてて

第5章 スウェーデンの認知症ケアにおける認知症看護師の役割―ヴェクショー市の事例をもとに



第2部 北欧諸国の高齢者介護の今―市場化動向とその多様性




第6章 北欧4カ国における高齢者介護の市場化とその特徴

第7章 スウェーデンにおける高齢者介護の市場化―競争、選択、より厳格な規制の要請

第8章 デンマークにおける高齢者介護の市場化―自由選択、質の向上と効率化の追求

第9章 ノルウェーにおける高齢者介護の市場化―背景とトレンド、それに対する抵抗

Frode Fadnes Jacobsen[]
著・文・その他

H?kon Dalby Tr?tteberg[]
著・文・その他

斉藤 弥生[サイトウ ヤヨイ]
著・文・その他/編集

石黒 暢[イシグロ ノブ]
著・文・その他/編集

吉岡 洋子[ヨシオカ ヨウコ]
著・文・その他

山口 宰[ヤマグチ ツカサ]
著・文・その他

佐藤 桃子[サトウ モモコ]
著・文・その他

Marta Szebehely[]
著・文・その他

Gabrielle Meagher[]
著・文・その他

Sara Erlandsson[]
著・文・その他

Palle Storm[]
著・文・その他

Anneli Stranz[]
著・文・その他

Gun-Britt Trygeg?rd[]
著・文・その他

Tilde Marie Bertelsen[]
著・文・その他

Tine Rostgaard[]
著・文・その他

Mia Vab?[]
著・文・その他

Karen Christensen[]
著・文・その他

目次

はじめに 社会の変容と高齢者介護―国際比較、介護現場の視点から
第1部 NORDCARE調査からみた北欧諸国と日本の高齢者介護(「施設」と「在宅介護」の境界線―介護労働者の日常からみえるもの;スウェーデンと日本の介護労働者の実像―ホームヘルパーと施設職員の属性を中心に;日本とデンマークの介護労働環境―介護労働者のストレスとその背景;仕事の裁量とやりがい―Waernessの「ケアの合理性」概念に焦点をあてて;スウェーデンの認知症ケアにおける認知症看護師の役割―ヴェクショー市の事例をもとに)
第2部 北欧諸国の高齢者介護の今―市場化動向とその多様性(北欧4カ国における高齢者介護の市場化とその特徴;スウェーデンにおける高齢者介護の市場化―競争、選択、より厳格な規制の要請;デンマークにおける高齢者介護の市場化―自由選択、質の向上と効率化の追求;ノルウェーにおける高齢者介護の市場化―背景とトレンド、それに対する抵抗)
付録

著者等紹介

斉藤弥生[サイトウヤヨイ]
大阪大学大学院人間科学研究科教授。学習院大学法学部政治学科卒業後、スウェーデン・ルンド大学政治学研究科(行政学修士)に留学、1993年大阪外国語大学助手(スウェーデン現代社会論)、講師。助教授を経て、2000年に大阪大学大学院人間科学研究科助教授、2013年より現職。博士(人間科学)、専門は社会福祉学(比較福祉研究、高齢者介護研究)

石黒暢[イシグロノブ]
大阪大学大学院言語文化研究科准教授。大阪外国語大学外国語学部卒業、デンマーク・ロスキレ大学社会経済計画学部留学、同志社大学大学院文学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了。専門は社会福祉学(高齢者介護論、福祉国家論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。