多言語社会ルクセンブルクの国民意識と言語―第二次世界大戦後から1984年の言語法、そして現代

個数:

多言語社会ルクセンブルクの国民意識と言語―第二次世界大戦後から1984年の言語法、そして現代

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 262p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784872594805
  • NDC分類 849
  • Cコード C3087

内容説明

なぜ、敢えて国民意識を喚起するような言語法が作られたのか?ドイツ語・フランス語の時代を経て、ルクセンブルク語が公用語として確立された背景を解明する。言語イデオロギーや言語意識は、どのようにして言語化され、政治化され、制度に反映されたのか。単一言語主義と多言語主義の対立と融合の系譜をたどり、国民としてのアイデンティティと言語の関係を明らかにする。

目次

1章 国語としてのルクセンブルク語(歴史的な背景;国語としてのルクセンブルグ語 ほか)
2章 三言語併存と言語意識(三言語併存;単一言語性の意識と多言語性の意識 ほか)
3章 第二次世界大戦後の言語ナショナリズムと正書法改革(第二次世界大戦によるナショナリズムの高揚とルクセンブルグ語;マルグ・フェルテスの正書法改革 ほか)
4章 1960年代・70年代と言語学者F.ホフマン(拝啓;F.ホフマンにとってのルクセンブルグ語の位置づけ ほか)
5章 1984年の言語法と言語イデオロギー(1984年の言語法;単一言語性の意識 ほか)
6章 近年の社会の変動と言語(問題の設定と背景;三言語使用と言語イデオロギー ほか)
7章 公用語としてのドイツ語、ルクセンブルク語(問題の設定と背景;三言語使用とドイツ語 ほか)

著者等紹介

小川敦[オガワアツシ]
1975年生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科博士後期課程修了。博士(学術)。大阪大学大学院言語文化研究科講師。専門は社会言語学、言語政策、ルクセンブルク地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件