阪大リーブル
能苑逍遥〈下〉能の歴史を歩く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872593044
  • NDC分類 773
  • Cコード C1374

内容説明

「能」700年の時空。“翁”以来700年におよぶ歴史のなかで、能が遭遇した出来事を紹介・検証し、巨大な「能という演劇」の輪郭を提示する。

目次

能の歴史を知るということ―本書を手にされる読者に
第1部 室町時代以前の能を歩く
第2部 安土桃山時代の能を歩く
第3部 江戸時代の能を歩く
第4部 維新以後の能を歩く
第5部 “翁”を歩く

著者等紹介

天野文雄[アマノフミオ]
大阪大学大学院文学研究科教授(芸術学講座)。昭和21年、東京都八王子市生まれ。早稲田大学第一法学部卒業後、国学院大学文学部学士入学。同大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士(法政大学)。上田女子短期大学助教授、大阪大学文学部助教授、同教授を経て現職。専門は能楽研究で、著書に、『翁猿楽研究』(平成7年、和泉書院。第18回観世寿夫記念法政大学能楽賞)、『世阿弥がいた場所―能大成期の能と能役者をめぐる環境』(平成19年、ぺりかん社。第5回木村重信民族藝術学会賞、第40回日本演劇学会河竹賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

zag2

19
世阿弥図書館本シリーズ21冊目。上中下三冊の下。能の歴史を歩くということで、世阿弥からは遠くなってしまったけれど、能楽関連ということでシリーズに追加しました。それにつけても天野さんの本を読むたびに、自分の能楽鑑賞の浅さを痛感しています。とは言え、本書では「素人が感想を述べて何が悪い」的な能評を書き綴った坂元雪鳥が取り上げられていて、素人としては少しばかり意を強くしました。2021/10/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1884472
  • ご注意事項