大阪大学新世紀レクチャー<br> 教育社会学への招待

個数:

大阪大学新世紀レクチャー
教育社会学への招待

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 12時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 275p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784872592955
  • NDC分類 371.3
  • Cコード C3037

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

2
教育社会学の視点は、今までの自分には全くなかったと言ってもよいと思う。 種々の問題に対し、生徒個人に向き合って「心の問題」として扱ってばかりいた。 教育社会学のように、ある種ドライな立場から冷静に、また幅広い視点や解決策を念頭において問題を見つめ直すことも必要。2017/11/24

たじー

0
教育社会学について体系的に学ぶことができた。 特に大阪の人権教育についての記述が多く、参考になった。 各章の最後についてある、文献ガイドを参考に色々な図書を読んで勉強していきたいと思う。2017/05/17

山がち

0
興味深いのを何点か。かつて学校はピアノやステレオ、図書館など家庭より文化水準が高かったが現在ではクーラーやパソコンなど遅れてしまっている。担任の名前を冠した学級の呼称は学級王国の表れの一つである、海外の一部では教師は役割ごとに分業がなされている、LDやADHDなどに対応する専門性・個別性は彼らの分離を促す、教師には上手くいかなくなると社会などを批判するがブーメランとなる、学級だよりの発行などに平等を求める保護者、画一的な指導は低学力層を上げられない、日本人は他人の貧困には冷淡で無関心であることなどがある。2013/10/09

Bungorai

0
大阪の教育をもとに書かれた教育社会学の本。とくに人権教育に詳しい。2012/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1978098

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。