阪大リーブル<br> ドイツ文化史への招待―芸術と社会のあいだ

個数:

阪大リーブル
ドイツ文化史への招待―芸術と社会のあいだ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月21日 11時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 291p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872592375
  • NDC分類 702.34
  • Cコード C1322

内容説明

中欧世界に浮かびあがる芸術文化の立体像。中欧を舞台にくりひろげられてきた、近代ドイツの芸術と社会のせめぎあい。その歴史を、表現活動と日常生活との密接なつながり、ドイツとユダヤの共存の夢、現代社会と斬りむすぶモダニズム芸術の挑戦という3つの位相から追っていく。芸術文化の奥行きにふれる、読みごたえあるガイドブック。

目次

1 表現のかたち―個人と社会をつなぐもの(近代への飛翔―博物学に魅せられた画家メーリアン;啓蒙のメディア―読書と市民社会;声の始源―口承文化を発見した人びと;ピアノのある部屋―市民的教養としての音楽;祝祭の共同体―ワーグナーの綜合芸術プロジェクト)
2 共生の夢―ユダヤとドイツ(聖書の民―中東欧ユダヤ人の源流;対話から同化へ―メンデルスゾーン家の人びと;境界の文学―ハイネとドイツ;存在と帰属―カフカ家三代の歴史から)
3 モダニズムのゆくえ(カウンターカルチャーの輝き―世紀転換期の青年たち;挑発するメディアアート―ハンナ・ヘーヒ、「騒然たる時代」を調理する;越境する批判精神―フランクフルト社会研究所と亡命知識人;オスタルジーの彼方へ―ドイツ統一と東ドイツの現実)

著者等紹介

三谷研爾[ミタニケンジ]
1961年生まれ。大阪大学文学研究科博士後期課程中途退学。大阪府立大学総合科学部をへて現在、大阪大学文学研究科准教授。専門分野はドイツ・オーストリア文学、中欧文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。