大阪大学新世紀レクチャー<br> 赤外レーザー医工学

個数:

大阪大学新世紀レクチャー
赤外レーザー医工学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784872591606
  • NDC分類 492.8
  • Cコード C3050

目次

第1章 赤外レーザー
第2章 赤外レーザーと生体の相互作用
第3章 生体軟組織の術前予測的低侵襲切除
第4章 コレステロールエステルの選択的除去による粥状動脈硬化治療
第5章 歯根面う蝕予防のための歯牙象牙質表面改質
第6章 赤外レーザーの分子振動励起を利用した新規イオン化法

著者等紹介

粟津邦男[アワズクニオ]
1958年京都生まれ。工学博士、医学博士。神戸大学大学院工学研究科システム工学専攻修了。住友電工にて光医療機器開発研究に従事後、順天堂大学医学部消化器内科にて肝色素代謝の光計測臨床研究に従事。その後テキサス州立大学癌研究所レーザー生物学研究室にて乳がん細胞に対する光線力学治療の基礎研究に携わり、95年帰国後自由電子レーザ研究所にて分子振動励起を用いた医用研究を推進。2000年より大阪大学大学院工学研究科にて、光量子プロセス工学寄附講座を担当。現在は量子エネルギー工学講座教授として、量子ビームの医学生物学応用研究を推進するとともに、若い研究者の育成に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。