北陸の海辺 自転車紀行―北前船の記憶を求めて

個数:

北陸の海辺 自転車紀行―北前船の記憶を求めて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年08月17日 07時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 139p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784871773362
  • NDC分類 291.4
  • Cコード C0095

内容説明

かつて大陸への玄関口でもあった北陸の国々。人と人をつないできた海の轍を辿る旅。能登、加賀、越中、越前、若狭―。一本気な海の男とおばちゃんたち。豊かな海の幸と山の恵み。どこか懐かしい景色。

目次

第1部 能登半島から富山へ(能登から始まる海辺の旅;朝市へ「マリン」と駆ける;「千体地蔵」に会いたい;「せっぷん」手さぐり三八歩;満腹、海女のでまかせ定食 ほか)
第2部 能登半島から若狭へ(「口直し」まっすぐな鮮度;「アラカタ」失われた伝説;「風の都」を守る団結力;断崖にもあたたかみ;問屋ひしめく風待ちの港 ほか)

著者紹介

藤井満[フジイミツル]
東京都葛飾区生まれ。大学時代に京都のアウトドアサークル「ボヘミアン」に所属して旅にはまり、主に中央アメリカ諸国を旅した。1990年朝日新聞に入社。静岡・愛媛・京都・大阪・島根・石川・和歌山に勤務した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

北前船のスピードはおよそ時速10?。自転車とほぼ同じ。かつて海を駆け巡った和船のスピードで北陸の海辺を辿ったらなにが見えてくるだろうか? 一本気な海の男とおばちゃんたち。豊かな海の幸と山の恵み、どこか懐かしい風景。能登、加賀、越中、越前、若狭を自転車で巡る紀行エッセイ。

藤井満[フジイミツル]
東京都葛飾区生まれ。大学時代に京都のアウトドアサークル「ボヘミアン」に所属して旅にはまり、主に中央アメリカ諸国を旅する。1990年朝日新聞入社。静岡、愛媛、京都、大阪、島根、石川、和歌山で勤務。著書に「能登の里人ものがたり」「消えるムラ 生き残るムラ」(以上アットワークス)、「石鎚を守った男 峰雲行男の足跡」(創風社出版)などがある。