松本人志はなぜ人に媚びず自信満々に成功し続けるのか

個数:

松本人志はなぜ人に媚びず自信満々に成功し続けるのか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784871772969
  • NDC分類 779.14
  • Cコード C0034

目次

1章 なぜ人に媚びず自信満々に生きられるのか(自分に自信を持つことは悪いことじゃないんだ;仕事を選ぶわがままさはブランド化戦略の一環 ほか)
2章 松本人志に学ぶ落ちこぼれがカリスマになる方法(内気で繊細な幼少期。集団生活できない落ちこぼれ;根暗が根アカに。「お笑い」との出会いが人生を変えた ほか)
3章 松本はなぜわがままでも成功し続けるのか?(東京進出決定。松本が涙を流したワケとは?;『笑っていいとも』で有名になり、ストレスで円形脱毛症に ほか)
4章 ギャグマンガ的発想を取り入れた“お笑い革命”(発想力の原点は赤塚マンガ、アニメ、特撮ヒーロー;『すべらない話』は創作落語?落語に学んだ笑いの構成力 ほか)
5章 「笑いのカリスマ」松本人志へのラブレター(お笑いの価値観を一変。不動にした「笑いのカリスマ」の地位;笑いを取れる男がいい男。松本は男の価値観を変えた ほか)

著者等紹介

遠田誠[トオダマコト]
1979年生まれ。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。在野のお笑い評論家として、雑誌やブログを通じてお笑いに関する分析、評論活動を行っている

竹花虎三[タケハナトラゾウ]
1967年生まれ。出版社の編集者、雑誌の記者を経て、現在フリーライター。ビジネスからサブカルまで幅広く執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。