1年以内に金融危機が日本を襲う―危ない銀行、安全な銀行が判る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784871772174
  • NDC分類 338.21
  • Cコード C0034

内容説明

今、最大・最悪の金融危機が日本を襲おうとしている。しかも一年以内に。危機が到来すれば、銀行経営者は一掃され、金融界の勢力図も大きく塗り替えられるだろう。キーワードはトヨタと外資か。これは不良債権問題の本質ともいえるが、国が救いたいのは銀行経営者なのか、問題企業なのか、それとも日本経済なのか。銀行も企業も、本来退場すべきところを延命させるのであれば、日本経済はいつまでたっても浮上できない。来たるべき金融危機への心の準備になる一冊。

目次

1章 株価7千円でメガバンクが崩壊する
2章 大型増資は焼け石に水。国有化は時間の問題
3章 これをみれば一目瞭然!危ない銀行リスト
4章 メガバンクが抱える時限爆弾
5章 高い人件費、手数料有料化…ふざけるな、銀行
6章 トヨタが銀行再編に乗り出す日
7章 大手銀行が外資に乗っ取られる?
8章 このままでは日銀すら破綻する
9章 金融危機は1年以内に訪れる

著者等紹介

中村一城[ナカムラカズキ]
銀行勤務の後、業界紙記者を経てフリーに。経済ジャーナリストとして金融・証券関係の雑誌を中心に活躍中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。