本日の雑談〈8〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784870316973
  • NDC分類 304
  • Cコード C0095

内容説明

小泉「左翼」政権で、この国に明日はあるか?自民党圧勝、特別講義「左翼って何?」、BSEなど、孤立無援の直言時評、本日も舌好調!われら、俗情との結託を峻拒す。

目次

はじめに―二、三歳の子供が夜一〇時すぎまで起きてるなんて、言語道断!
衆院総選挙と自民党(1)―自民党の「改革」に対抗して勝つには、共産党が「革命」と叫ぶしかない!
衆院総選挙と自民党(2)―日本の知識人は、群盲象を撫でることしかしていない!
左翼って何?―「左翼」とは、アメリカ人をはじめとする近代主義者のことだ!
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」―この本は、「会計学的センス」とは何の関係もない!
ハリケーン―黒人の巨大なお尻に、アメリカ社会の途方もない矛盾が詰まっている!
ラスベガス原爆博物館―原爆投下国アメリカは、原爆の威力を全く認識していない!
「あの戦争は何だったのか」―軟弱な精神の今の日本人には、特攻隊員の張り詰めた精神は理解できない!
曾野綾子の「靖国問題」―「国立共同墓地」を提案する者は、この島の人間を「昆虫」と同一視している!
排他的経済水域―右翼も反左翼も、「精神的」排他水域侵犯への防波堤たりえていない!〔ほか〕

著者等紹介

小林よしのり[コバヤシヨシノリ]
1953年、福岡県の真言密教の寺で生まれる。1975年、福岡大学在学中、「東大一直線」でデビュー。「おぼっちゃまくん」などギャグ漫画に新風を起こし、89年、小学館漫画賞受賞。92年、「ゴーマニズム宣言」を「週刊SPA」で連載開始。95年からは「SAPIO」に舞台を移し「新・ゴーマニズム宣言」として現在も連載中。その特別篇「新ゴーマニズム宣言SPECIAL」として発表した「戦争論」「戦争論2」「台湾論」は言論界を揺るがすベストセラーになった。現在、「わしズム」責任編集長

西部邁[ニシベススム]
1939年、北海道で浄土真宗の家系に生まれる。社会科学・社会哲学の全貌を見渡した保守思想家としてここ30年の及んで活躍中。横浜国立大学助教授などを経て東京大学教授に就くが、人事をめぐって88年に辞任。1994年創刊から2005年終刊まで「発言者」主幹。著書に「経済倫理学序説」(吉野作造賞)「センチメンタル・ジャーニー」「学問」「思想の英雄たち」「生まじめな戯れ」(サントリー学芸賞)など多数。93年、正論大賞を受賞。現在、秀明大学学頭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。