自殺されちゃった僕

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 218p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784870316386
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

妻が自殺した。残された僕は…。ねこぢる、青山正明、そして最愛の妻―残された側の視点でつづる、哀しみと怒りの手記。

目次

第1章 妻・早紀のこと1(右脳型と左脳型;出会い ほか)
第2章 ねこぢるの思い出(出会い;武装願望 ほか)
第3章 青山正明の思い出(慶応ボーイ;幻のキャンパス・マガジン ほか)
第4章 妻・早紀のこと2(鬱とドラッグの日々;結婚 ほか)
第5章 僕自身のこと(マルクス主義に育つ;家族について ほか)

著者等紹介

吉永嘉明[ヨシナガヨシアキ]
1962年、東京生まれ。明治大学文学部卒。バブル期に就職を迎え、出版界に入る。以来、ずっとフリーで雑誌・書籍の編集に従事。バブル末期には雑誌編集の傍ら大学進学情報誌や就職情報誌、企業案内パンフレットなどを手がけ、「出版バブル」を体験する。海外取材雑誌『エキセントリック』編集部を経て、サブカルで勢いのあった頃の『別冊宝島』で編集・ライターをするようになる。95~97年、雑誌形式のムック『危ない1号』(データハウス)の編集に従事。現在、雑誌『BURST HIGH』にドラッグ&レイヴ小説を連載。近年、編集より執筆の仕事に重きをおくようになる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。