老い方、六輔の。

電子版価格 ¥1,222
  • 電書あり

老い方、六輔の。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784870316010
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

よく老いることは、独り上手になることです。“生き方の達人”が提案する老い方の極意。

目次

お題その1 「人生」と友だちになる(生きるということ、死ぬということ;「選べる死」があってこその人生設計 ほか)
お題その2 「言葉」と友だちになる(言葉で考える。言葉を考える;言葉にもっと敏感になろう ほか)
お題その3 「旅」と友だちになる(もう一人の自分と出会う旅;行くあてもない旅に、人との出会いあり ほか)
お題その4 「医療」と友だちになる(仲良くなって一歩引く、お医者との距離;気づいてからでは遅い、医療や介護の大問題 ほか)
お題その5 「孤独」と友だちになる(まず、人は独りであることを知る;天国への手紙と電話 ほか)

著者等紹介

永六輔[エイロクスケ]
1933年、東京・浅草の浄土真宗「最尊寺」住職の次男として生まれる。中学生の頃よりNHKラジオに台本(コント)の投稿を始め、早大時代より放送の世界に入る。以後、放送作家としてラジオやテレビの構成を手がける一方、司会者、作詞家、語り手、歌手ほか幅広いジャンルで活躍中

矢崎泰久[ヤザキヤスヒサ]
1933年生まれ。65年、雑誌『話の特集』を創刊。95年2月まで30年間にわたり、編集長と社主を兼務。映画・TV・ステージのプロデューサーとしても多くの仕事を手がける。現在はフリーのジャーナリストとして活躍、『編集会議』『週刊金曜日』などに連載執筆中。また、永六輔、中山千夏らと共に広域歴史学習団「学校ごっこ」講師を務める
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。