ジャック・ニクラウス自伝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 536,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784870314436
  • NDC分類 783.8
  • Cコード C0098

内容説明

二十世紀最高のゴルファー初の回想録。全米アマチュア2回、マスターズ6回、全米オープン4回、全英オープン3回、全米プロ5回とメジャー選手権通算20勝を挙げた天才ゴルファーがその挑戦に満たち半生を語り尽くす。

目次

原点―1959年全米アマチュア選手権
設計者と建設者―1961年全米アマチュア選手権
難しい選沢と別世界―1962年全米オープン選手権
アーノルド・パーマーとオーガスタ―1963年マスターズ
予想しなかった二つの出来事―1963年全米プロ選手権
誰でも人に好かれたいと思っている―1965年マスターズ
困難の中での勝利―1966年マスターズ
もっとも手の届かないもの、ついに―1966年、全英オープン選手権
ジャック・ニクラウスには何が足りないのか?(1967年全米オープン選手権;1970年全英オープン選手権)
二巡目―1971年全米プロ選手権〔ほか〕