Wild boar―知られざるイノシシの「棲」

個数:

Wild boar―知られざるイノシシの「棲」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月12日 21時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/高さ 21X30cm
  • 商品コード 9784867480007
  • NDC分類 489.83
  • Cコード C0072

内容説明

第1回日本写真絵本大賞「金賞」受賞作『うりぼうと母さん』の作者・矢野誠人、待望の処女写真集発刊。イノシシを「害獣」とは呼ばせない!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

171
初めて、イノシシの写真集を観ました。本書で英語でイノシシのことをWild boarというのを知りました。イノシシの成体は神々しく、子供は可愛らしい感じです🐗🐗🐗 https://www.ozorabunko.jp/ozora/newbooks/2021/07/13

しおり

11
イノシシの写真集。神戸の六甲山の春夏秋冬と共にイノシシの暮らしをのぞく。山の中でのイノシシの生活について普段なかなか想像することもなかったけれど、母イノシシは立派に子育てをしていて、うりぼう達も遊びながら母親の後をついて食べ物探しなど学んでいく姿に、生物としての実感というか、人間目線の害獣ではなく、同じ地に住む生き物としての目線を合わせることができた。イノシシの鼻先に落ち葉が付いた一瞬や、うりぼうが川で飛び跳ねる躍動感いっぱいの写真の数々に、驚くと共に根気強い撮影に尊敬する。2022/08/15

サクラ

4
1度だけ山でうり坊🐗に遭遇したことがありますがとてもかわいくて❤️実態を知らないので恐怖はありませんでしたが流石に追いかけはしませんでした😅猪ってこんなにも柔らかい表情を見せるのですね✨カメラマンとの心の距離がそうさせているのかもしれませんね😁2021/09/11

tuppo

3
のんびりしていてとても臆病で。猪突猛進と言いますが走っている姿は縄張り争いをする時と身の危険を感じた時以外はほとんど見ることがありません。偏った見方をしていたんだと気づきました。子育てが上手い個体下手な個体もいます。初産では授乳のさせ方がわからなくて子を亡くしてしまう個体もいます。イノシシ親子の暮らしを見ていると害獣という言葉の意味を考えさせられます。2023/01/13

gachin

3
発生学者の思い描くSus scrofaがいかに狭窄的なのかを実感する。一種に焦点を当てた写真集なので、動物学資料として非常にリッチ。農村の人間ではないので比較的先入観無しに見れた。これは幸せなことだと思った。/ ウリボウを見せてくれるようになるまで2年かかったとのこと。こういう話を読むと著作権には敏感にならざるをえない。2021/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18359838
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。